HDR画像作品と作成時の試行錯誤を紹介します。

Topaz Adjust – ウサギの散歩をする少女

On 2010.08.18 コメント(7) Posted by cafecico

ブルージュという町の公園で見かけた女の子を被写体にTopaz Adjust処理やってみた。(゚∀゚)ノ

Topaz Adjustで複数回処理してブレンドした後に、全体の彩度を落とし、最後にメインの被写体だけ彩度を戻して完成っす。

中世の繁栄を最後に時間が止まってしまった死都と称されるこの町で、まさに当時の風景かと錯覚するような衣装で散歩をしていた少女。
う~ん。これは普段着なんだろうか。。

それよりも何よりも、首から下げている鍵が( ・∀・)イイ!!
理由もなくこの鍵は南京錠の鍵だと自分の中で決め込んでます。

この子、ペットの散歩中のようだったが、なぜかウサギを引っ張ってました。しかも若干振り回され気味(笑)。

– –
Nikon D40
1shot JPAG with Topaz Adjust

– –
制作ツール : Topaz Adjust / Photoshop Elements


初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越し頂いている皆様。もしブログの内容が気に入って頂けましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします。

関連写真


7 件のコメント : “Topaz Adjust – ウサギの散歩をする少女”

  1. デジタル素人 より:

    こんにちわ。

    ドラクエチックな鍵を持ってたらもっと場の雰囲気に合ってましたね。

    しかし、やっぱいろんな手間を掛けて完成させているんだな~と実感しました。

    勉強になります。

  2. cafecico より:

    こんばんわ。
    ブロンズで持つところが輪っかの鍵でしたらパーフェクトですね。
    ウサギを繋いでる散歩ひもが近代的なのが、またたまらなく( ・∀・)イイ!!です。

    自分の場合パーツごとに処理を分ける(処理をしてからパーツ以外をマスクする)ので、
    いつも気づくとレイヤーが10枚ぐらいにはなってます。

  3. すんばらしい!
    レイヤーワークが巧みとはいえadjustでこんなにドラマチックになるもんなんですね。
    脱帽です。

  4. cafecico より:

    こんばんわ。
    Topaz Adjust と 石畳・赤レンガは相性がすんごく( ・∀・)イイ!!です。
    元写真がお気に入りの1枚だったので気合入れて、
    あちこちマスクしてぼかしや彩度を調整しました♪

  5. りうぢ boston photographer より:

    なかなかよく出来あがっていますね。

    Adjust は、この写真のように、元々被写体が目立つ構図のときは効果的だと思いますが、被写体を浮き上がらせたいような場合は、なかなか難しいものがあると感じます。僕も、複数のレイヤーで処理してブレンドし、被写体の部分は処理前の画像をかぶせるという処理をしています。

  6. cafecico より:

    こんにちは。

    Topaz Adjustは背景と同じ処理を人物にしてしまうと、
    とんでもないことになりますよね(笑)。
    普段、人物ではHDRやらないのですが、これはどうしてもチャレンジしてみたくて
    結果、イロイロ小分けにして処理して完成させました。

  7. corporate photographer リウヂ より:

    ちなみに、事後報告で失礼ですが、この写真への直リンクをfacebookの壁に貼ってみたところ、アメリカ人の友達の間でかなり好評でした。結構、うさぎをペットとして飼ってる人がいるので。

お気軽にコメントをどうぞ。

Special Coupon (割引クーポンコード)
お気に入りのHDR画像
About Me

Author:cafecico
HDRフォトグラファー:cafecicoと申します。
自称旅行マニアで、本業はWebディレクターの仕事してます。

旅先で撮った写真を中心にHDR制作時の試行錯誤と作品たちを紹介します。

使用機材の詳細はこちら>
連絡先はこちら ( contact form ) >

* 当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンク下さい。