HDR画像作品と作成時の試行錯誤を紹介します。

HDR合成した画像同士をHDR合成。この画像をベースに処理することで、かゆいところの階調も引き出します♪

On 2017.07.04 コメント(2) Posted by cafecico

Photomatix で HDR合成するとき、

Lighting Adjustment のパラメータ値で悩むことが多いです。

この値、右に寄せるか左に寄せるかで、結構作品の仕上がりに影響します。

上の画像の場合、

窓の外の景色に合わせると、

通路の天井が暗くなってしまい、

(こんな感じ)

逆に通路の天井に合わせると、窓の外でくすんだ部分が出てしまう。。

(こんな感じ。。)

 

こういう時、どっちも捨てがたいので、ためらわずに2枚出力して

Photoshopで比較明合成使って再合成しています。(`▽´)/

 

ドラクエで言うと、スカラとバイキルトを掛けてからボス戦に挑む状態でしょうか(笑)。

通常よりもアドバンテージがある状態でスタートできるので

『なんだか今日いけそうなきがする~』な気分で後処理の色付けを満喫できます。

難しい課題を、応用力で解決したというYDKにも浸れますょ♪

「あると思います!」

– –
制作ツール : Photomatix Pro 5 / Topaz Adjust 5 / Photoshop Elements 9  / Topaz Simplify4


初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越し頂いている皆様。もしブログの内容が気に入って頂けましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします。

関連写真


2 件のコメント : “HDR合成した画像同士をHDR合成。この画像をベースに処理することで、かゆいところの階調も引き出します♪”

  1. さき♪ より:

    こんにちはぁ・・・さきです・・・

    Photoshopいま一生懸命勉強してるんですけど、本からの勉強じゃなかなか上達しませんねぇ・・・

    どうもワンパターンの作り方になってきてしまっていて・・・

    さきも魚眼買おうかしら・・・( ̄ー ̄;

  2. cafecico より:

    魚眼(・∀・)イイ!!ですょ~。(悪魔の囁き)
    何を撮っても新鮮な感じするので。(悪魔の囁き)

    HDRと相性が良すぎて、翼を授かった無双状態になりますょ。(悪魔の囁き)
    空前絶後のォォ!超絶怒涛の
    …ジャスティス! なテンションになりますょ(悪魔の囁き)
    私は魚眼が無双すぎて撮影が雑になりました。(ToT)

    さき♪さんの作品は美しい風景が多いので、ダーティーなものをHDRしてみるってのは
    いかがでしょうか☆

お気軽にコメントをどうぞ。

Special Coupon (割引クーポンコード)
お気に入りのHDR画像
About Me

Author:cafecico
HDRフォトグラファー:cafecicoと申します。
自称旅行マニアで、本業はWebディレクターの仕事してます。

旅先で撮った写真を中心にHDR制作時の試行錯誤と作品たちを紹介します。

使用機材の詳細はこちら>
連絡先はこちら ( contact form ) >

* 当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンク下さい。