HDR画像作品と作成時の試行錯誤を紹介します。

デジカメをガンダムデカールでデコってぷち痛カメラ化してみた!

On 2013.08.11 コメント(2) Posted by cafecico

夏休みの工作♪

(萌えではないです。m(_ _)m)

子連れでHDRするために持っていた Canon S95 を嫁にロックオンされてしまったので

Pentax Q7 買いました。

Pentax Q7 & 女子カメラ風ストラップ

この時点では、まだ女子カメラ。

鬼嫁に狙われかねないので、これを男子カメラ化しました。

使った材料はガンプラについてくるガンダムデカール(プラモ用のシール)。

制作費用、約500円っす(笑)。

まずは完成写真から。

痛カメラ

まあ、なんということでしょう!

細かいデカールを散りばめたほうがメカっぽくなると思って、貼りまくりです。

【フロント】

AF用の発光部とフラッシュ脇をデコりました。

完成後に「02」も追加。ジオンっぽいフォントでさらに男子感が強まりました。

Pentax Q7で痛カメラ製作中

【サイド】

電池蓋にオレンジのアクセントを2つ。

この「402」の部分が一番のお気に入りです♪

ガンダムデカールでデコったQ7横

【上部と後ろ側】

一番貼りまくった(笑)。

フラッシュ上部にはシャア専用ゲルググ、電子ダイヤルにジオン軍のマークと回転方向の説明(っぽいもの)、

シャッターボタン脇にも注意書きっぽいものを。さらにストロボ部のカバーにも貼りました。

後ろ側も “CAUTION!” 的なデカールを2つ。(*゚▽゚)ノ

ガンダムデカールでデコった痛カメラ

【最後に作業した感想】

シボ加工してあるところ(つるつるじゃないところ。Q7だと電子ダイヤルの部分とか)は、見る角度によってはシール感がでてしまいます。この水転写式デカールはなるべくそうならないように貼れるのですが、さすがにシボ加工部分はきついかも。

逆にツルツルの部分(Q7だと塗装プラスチックの部分)は、ナノ加工でもされているのか、やたらと水を弾きます。今回のデカールは水転写式だったので、位置決めはじっくりできましたが、水抜きと乾燥に時間がかかり、水抜きで何度かずれてしまいました。20分ぐら放置してから、仕上げで綿棒吸水がいいかも。

痛カメラ化のきっかけは、Pentax Q7 のカラーオーダー

シミュレーションしているうちに白・青・赤の連邦カラーが出てきてしまい財布の紐が緩み、

ガンダムデカールでデコりたい衝動にかられてしまいました。(^^;

最終的には白✕メタルネイビーで ν-ガンダム っぽい配色に。

デカールは男っぽさ優先でジオン軍からチョイスしました。

PentaxQ7オリジナルカラー・ガンダム仕様


冒頭の画像の制作ツール : Photomatix Pro 4.2 / Topaz Adjust 5 / Photoshop Elements 9

痛カメラの制作ツール : Pentax Q7 オーダーカラーガンダムデカール

 


初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越し頂いている皆様。もしブログの内容が気に入って頂けましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします。

関連写真


2 件のコメント : “デジカメをガンダムデカールでデコってぷち痛カメラ化してみた!”

  1. フランカー より:

    初めましてです。
    今更ながらほんの先月Q7を衝動買いした者です。

    ガンダムデカール良いですね!
    自分平成ガンダム世代ですがこれはやるしかない!

  2. cafecico より:

    ぜひぜひ真似してみてくださ~い♪
    デカールは、携帯とかマウスとか色んなものに貼りたくなってしまいますよ!

お気軽にコメントをどうぞ。

Special Coupon (割引クーポンコード)
お気に入りのHDR画像
About Me

Author:cafecico
HDRフォトグラファー:cafecicoと申します。
自称旅行マニアで、本業はWebディレクターの仕事してます。

旅先で撮った写真を中心にHDR制作時の試行錯誤と作品たちを紹介します。

使用機材の詳細はこちら>
連絡先はこちら ( contact form ) >

* 当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンク下さい。