HDR画像作品と作成時の試行錯誤を紹介します。

HDR – 御玉突所

On 2010.01.27 コメント(2) Posted by cafecico

沼津御用邸内にある御玉突所でHDRしてみた。
毎度思うのだが、大正とか昭和とかの雰囲気とHDRはつくづく相性がいいみたい♪

室内と窓から見える外の様子を同時に撮ろうとすると必ずどちらかが(あるいはどっちもが)映らないのだが、HDRすれば1枚に両方を映し出せる。

3shotのため外の景色は1番暗く撮った1枚そのまんまだが、室内はHDR+Topaz Adjustでディテールを出すことが出来た。(゚∀゚)ノ


Nikon D5000
-2.0EV / 0EV / +2.0EV / 3shot


初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越し頂いている皆様。もしブログの内容が気に入って頂けましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします。

関連写真


2 件のコメント : “HDR – 御玉突所”

  1. Tomo より:

    どうも~ご来訪ありがとうございました。

    室内撮りは窓の外が厄介ですね。
    実は先日某コテージで外の庭園と室内を組み合わせて撮ったのですが、暗調側は-4EVくらいに振らないと外の描写は無理でした。
    Nikon機は暗部の階調の粘りが秀逸なので、こういった状況では3shotsならAEBの幅を広げてマイナス補正した方がいいのかもです。

  2. cafecico より:

    こんばんわ。
    HDRの本領を発揮できるシチュエーションでしたが、
    3shotではさすがに室内が精一杯って感じですね。
    HDRと相性が良い素材だっただけにチョット悔しいです。

    D5000だとAEBの幅とショット数に限界があるので、
    手持ちしか許されない場所では壁に押し付けっぱなしにするか
    4隅の位置を頭に記憶させてPhotomatixのマッチングに委ねつつ
    マイナス補正してもう3shotという選択肢しかないのが痛いところですネ。(>д<)

    Nikonの暗部の階調は仰る通り秀逸ですね。TopazAdjustだけで「いいんじゃね」って
    感じる時がしばしばあります。(  ゚ ▽ ゚ ;)

お気軽にコメントをどうぞ。

Special Coupon (割引クーポンコード)
お気に入りのHDR画像
About Me

Author:cafecico
HDRフォトグラファー:cafecicoと申します。
自称旅行マニアで、本業はWebディレクターの仕事してます。

旅先で撮った写真を中心にHDR制作時の試行錯誤と作品たちを紹介します。

使用機材の詳細はこちら>
連絡先はこちら ( contact form ) >

* 当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンク下さい。