HDR Works

HDR画像作品と作成時の試行錯誤を紹介します。

機動性のあるHDR素材撮りカメラとして使えるのかな~って興味を持ったオリンパスのXZ-1。

公式サイトを見ても「AEブラケット」としか載ってなかったのでブラケットの詳細が不明でしたが、判明しました。

オリンパスXZ-1のブラケットは±1.7EVの3shotらしいっす。
(CP+のオリンパススタッフ談 via doikenさん)

本日、ナゥでヤングなArchitectural HDRのdoikenさんがtwitterでCP+に行くナゥとつぶやいてたので、お願いしてオリンパスブースで聞いてきてもらいました。^^)/エヘ

±1.7EV。±1.7EV。±1.7EV。。。初めて聞く仕様っす。普通の撮影では±2.0EVの露出補正ができるXZ-1。なのになぜに±1.7EV?

CPUの限界まで頑張って努力の末にたどり着いた±1.7EVなのでしょうか?

すんげぇ気になります。


そういえば、とある掲示板でHDR素材撮りに最強の軽量カメラを聞いたのですが、

オリンパスのE-PL2が最強らしいっすね。

1.0EV刻みでMax 7ステップ(*)。さらに同時に劇薬のISOブラケット3ステップが可能。最大21枚のRAWが一気に撮れてしまうとか。。 機能もすごいが、それに耐えるために確保されたバッファがすごい。

「えぇぃ!オリンパスのミラーレスは化け物か!!」

初めてtwitterをtwitterっぽく使えた自分が嬉しくてテンション↑↑っすナゥ。

– –
本日の1枚は、パリ・モンマルトルのとある坂×Topaz Adjust風味 ~ 季節の彩を添えて。
ヨーロッパにしては珍しく秩序のある駐車です。

– –
制作ツール : Topaz Adjust 4 / Photoshop Elements 9


*2011.2.11 追記**

コメント頂きました。E-PL2は、5shotまでは1Evステップで±2Ev、7shotの場合は0.7Evが最大ステップでMAX±2.1Evとのことです。

最強かと思いきや意外な落とし穴。。


OLYMPUS マイクロ一眼 PEN E-PL2 パンケーキレンズキット ブラック E-PL2 PKIT BLK


関連写真

毎度の事ですが、これはNikon D5000で撮ってPhotomatixでHDR…以下略

コンパクトカメラのOLYMPUS XZ-1ってHDR素材撮りに使えるのかな~って興味を持って、オリンパスのサイトを見てたら、こんなの見つけました。(゚∀゚)/

http://fotopus.com/naviblog/amy/2010/12/mr_1.html

オリンパス社員AMYさんのブログにあるE-5ドラマチックトーン作例ですが、Photomatix出ししたHDRの好例に近い雰囲気で素敵です。(*^∇^*)

カメラ本体内蔵のHDR機能(このエフェクトは擬似かな?)の中では、個人的にド・ストライクかも♪

必要なところにだけ彩度のあるHDR。まさにドツボです。

そう言えば自分、10年ぐらい前に UZ-2100 っていうオリンパスのデジカメ使ってました。

当時は、この機種が出力する落ち着いた色に馴染めなくて出番が少なかったのですが、確かこの機種もメチャメチャ明るいレンズを積んでいたような。。 2年ほど前にオークションに出したら結構な高値で引きとって頂けました。

今思えばこういう落ち着いた色のほうが、後々処理したときに破綻しなくてHDR向きなのかも。

D40使ってた頃はビビット設定でさらに彩度強くして撮ってましたが、D5000でHDRするようになってからは専らスタンダード設定っす。

– –
制作ツール : Photomatix Pro 4.0 / Topaz Adjust 4 / Photoshop Elements 9

注)上の写真は Nikon D5000 でマルチショットしてphotomatix , Photoshop , Topaz Adjust使ってドラマチックトーン風にしたHDRっす。
E-5でのエフェクト出力を保証したものではありません。


OLYMPUS デジタルカメラ XZ-1 ブラック 1000万画素 1/1.63型高感度CCD 大口径F1.8 i.ZUIKO DIGITALレンズ 3.0型有機ELディスプレイ XZ-1 BLK


Special Coupon (割引クーポンコード)
お気に入りのHDR画像
About Me

Author:cafecico
HDRフォトグラファー:cafecicoと申します。
自称旅行マニアで、本業はWebディレクターの仕事してます。

旅先で撮った写真を中心にHDR制作時の試行錯誤と作品たちを紹介します。

使用機材の詳細はこちら>
連絡先はこちら ( contact form ) >

* 当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンク下さい。