HDR Works

HDR画像作品と作成時の試行錯誤を紹介します。

HDR筑波山麓

今年の目標、『処理もいいけど撮影もガンバル』の cafecico っす。

いつもは子鉄と出かけたついでの素材撮りですが、

今回は珍しく(笑)、撮影だけをしに出かけてきました。

新年なので早起きして日の出を狙ってみることに。

いつもの標準レンズでは筑波山と一緒に収まらなかったので

魚眼で撮影し、HDRを意識して道路を被写体に入れてます。

合成は空と陸を分けて処理。

空は Photomatix の Tone Compressor でグラデーションを残して色の深みだけを調節し、

陸は、通常の Tone Mapping で。山の輪郭部分だけ少し逆光が残るように薄めの処理にしています。

雲がある = Tone Mappingでゴワゴワ ・ 雲がない = Tone Compressorでツルツル が、

自分の中で空の処理をするときの方程式になっていて

Tone Compressor 使って彩度高めに処理すると、

こんな感じで成層圏のような色の空が作れます♪

 – –
制作ツール : Photomatix Pro 5 / Topaz Adjust 5 / Topaz Simplify4 / Photoshop Elements 9


関連写真

早朝の湖畔でHDRしてみた!

今回、通常のPhotomatix -> Tone Mapping したファイルに加えて Tone Compressor で出力したのもブレンド。
HDRで乾いた感じになりがちな色に艶を加えてみた!

クリアーな感じの色が出るので、こういった明確な物体がない風景写真には使えるテクニックです。

– –
Nikon D5000
-2.0EV / 0EV / +2.0EV / 3shot


Special Coupon (割引クーポンコード)
お気に入りのHDR画像
About Me

Author:cafecico
HDRフォトグラファー:cafecicoと申します。
自称旅行マニアで、本業はWebディレクターの仕事してます。

旅先で撮った写真を中心にHDR制作時の試行錯誤と作品たちを紹介します。

使用機材の詳細はこちら>
連絡先はこちら ( contact form ) >

* 当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンク下さい。