HDR Works

HDR画像作品と作成時の試行錯誤を紹介します。

最近釣りに夢中だった子鉄が

久々に

「電車乗りたいぃ!」

と宣言したので

これ幸いと『箱』とやらを回収しに行ってきました♪

 

ユニコーンの前に到着して、撮影をおっ始めようとした途端に

デストロイモードに変形。

どうやら私か子鉄のどちらかはニュータイプのようです。

そんなデストロイモードは、興奮して動画モードで撮影してしまったので

HDR用の撮影は、ノーマルモードで。

 

雲一つない冬晴れで、空がのっぺりとしてしまったので

Photoshop の 描画 – 逆光 で、恒星を付け足してみました。

これ、Photoshop買ったばっかりの頃、得意気によく使ってたなー ┐(´∀`)┌

当時は、若さ故の過ち以外の何ものでもなかったのですが、、

なんか、初めて役に立った気がします(笑)。

– –
制作ツール : Photomatix Pro 5 / Topaz Adjust 5 / Photoshop Elements 9  / Topaz Simplify4


関連写真

HDRお台場

お台場にあったハワイアンなハンバーガー屋でHDRやってみた。^^)/

実食しましたが味も量も景色も最高で、また来たいと思えるお店です♪

今回のHDRのポイントは、

真夏の日中という明暗(陰影)が激しく出るシチュエーションと

奥にディテールを引き出せる、ビル群が見えること。

立体感の強い人造的な看板や外観なんかも

HDRするのにうってつけのポイント。

ディズニーランドやディズニーシーでHDRするとドハマりするのも

同じ理由です。(*^ー^)ノ

最初にPhotomatixで出力した画像にノイズ除去をかけた時点で色乗りの良いクリアーな画が得られたので、

私にしては珍しく Topaz Simplify を使わずに色味の微調整だけして最終形へ。

ハワイアンな建物と海だけでなく、処理からもを感じられるHDRに仕上がりました☆

– –
制作ツール : Photomatix Pro 5 / Topaz Adjust 5 / Photoshop Elements 9  / Topaz Denoise


HDRゆりかもめ

この場所から望むこの景色。なんだか近未来的な感じがしませんか?

そういう景色は大概においてHDRしたときにハマります♪

今回撮影したのは『新交通 ゆりかもめ』からの車窓。

無人運転のため、先頭から大パノラマを見ることが出来ます。

こんな景色は当然茨城には無いので、東京のお台場まで行って撮ってきました。

行った主目的が『ポケモンgo』ということは

ゲームやレジャーを子育てに利用するcafecico家特有の事情ですが、、┐(´∀`)┌

そこに子鉄との乗り鉄とHDRが加わると

我が家ではそれだけで東京に行く理由に十分成り得ます(笑)。

たぶん交通費分を課金に回したほうが効率的なんでしょうが。。

色んなツールを駆使して早朝から都内数カ所をまわり

昼過ぎにこの日の目標のピカチュウをΣ( ゚∀)ゲット!!した際には

俺らってよゐこ・濱口よりスゴイのではと錯覚するぐらいの

達成感が子鉄と私の間に芽生えました。

あ。

HDRブログでしたね、これ。

今回は、ディテールを潰してアニメ感を強く仕上げてみました。

Photomatixで彩度薄めに処理した画像をベースに、

Topaz Adjustで色付け。

それをさらにTopaz simplifyの「カトゥーン by D.Pacheco」フィルタで

加工したものを新規レイヤとしてその上に重ね、その不透明度を調整しながら仕上げるという工程。

「カトゥーン by D.Pacheco」で仕上げた画像は、

薄く乗せてもアニメ感が強く出るので、これは不透明度15%で重ねました。

前に天王洲アイル駅でHDRした際も同じ手法で作成しましたが

こういう材質の被写体をHDRする際に使うと

写真データから作ったとは思えない作風になり、

創作したという達成感を満喫できます♪

– –
制作ツール : Photomatix Pro 5 / Topaz Adjust 5 / Photoshop Elements 9  / Topaz Simplify4

 


Special Coupon (割引クーポンコード)
お気に入りのHDR画像
About Me

Author:cafecico
HDRフォトグラファー:cafecicoと申します。
自称旅行マニアで、本業はWebディレクターの仕事してます。

旅先で撮った写真を中心にHDR制作時の試行錯誤と作品たちを紹介します。

使用機材の詳細はこちら>
連絡先はこちら ( contact form ) >

* 当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンク下さい。