HDR Works

HDR画像作品と作成時の試行錯誤を紹介します。

茨城県のつくば市でHDRするようになって7年。

人工物が密集しているというシチュエーションを被写体にするとその効果を実感しやすいHDRの世界では、

ものすごいハンデのある選択です。。

 

上のHDR画像。

自分で言うのも何ですが、そんな何もないのが取り柄のこの地でHDRするために

流川君のフェイントのように色な要素を入れて撮っています。

  • 路面
  • 路面に残っている雨
  • 逆光
  • 形のはっきりしている雲

何も無い道ですが、少しでもHDR化した時に映える要素を配置。

こんな日は自然とカメラを持って外を散歩したくなります♪

 

最近、自分の撮影が雑になったせいか、

もしくはカメラがの性能が向上していい写真に見慣れてしまったせいか

なかなか日々のスナップ写真で会心の一撃が出なくなってしまいました。(´・ω・`)

 

でも、HDRを作るための素材撮りについては、

勝手に体が動いて基本を押さえられるようになったのを実感している8年目。

もしかして、このHDR脳を無くせば、もう少し良いスナップが撮れるようになれるのかな(笑)。

– –
制作ツール : Photomatix Pro 5 / Topaz Adjust 5 / Photoshop Elements 9  / Topaz Simplify4


関連写真

HDRパラボラ

雑誌『東京ウォーカー』に

日本のウユニ塩湖として千葉県の江川海岸が紹介されてたのを見て、

つくばで水面反射HDRをやってみました。

ウユニ塩湖は無理でも隣の千葉県は行ける気がするけど・・・(*ノω・*)テヘ

 

作り終わってみて、これはこれで処理としては満足したのですが、

なにか物足りない気分。

たぶん次のような条件が必要なのかなと考察しました。

  • 画面の左右いっぱいまで水面がある
  • 反射物の奥にも水面が広がっている

そう考えると、以前同じような場所でとった

こちらの水面反射HDRのほうが、それっぽい雰囲気。

HDR水田

もしかしたら大きめの水たまりに、ダンボー を置いたりしてもできるのかなと思ってみたり♪

どなたか私に代わって千葉県の江川海岸まで行ってくださる方

募集中です。:*:・( ̄∀ ̄)・:*:

 

江川海岸やウユニ塩湖に行けなくても、

この時期、HDRするなら「水田」は絶対にオススメな被写体ですょ♪

農村部へ行く機会がある方や、私のように農村部にお住まいの方はぜひぜひ狙ってみてください☆

– –
制作ツール : Photomatix Pro 5 / Topaz Adjust 5 / Photoshop Elements 9  / Topaz Simplify4


HDRさくら散る

散った桜が積もる道路でHDR。

いやむしろ桜舞うぐらいの_|\○_ヒャッ ε=\_○ノ ホーウ!!なHDRができた♪

風に揺れる桜はHDRするのが難しいけど

散った桜は(・∀・)イイ!!です。

 

とても天気が良い日だったので、早起きして桜の名所をサイクリング。

JAXA筑波宇宙センターの周りにある桜並木でHDR撮影してきました。

 

カラッと晴れた日に撮影すると、彩度満開のHDR仕上げたくなることが多い最近の自分。

気づいたら、散った桜やおばちゃんの服が

メタリックに仕上がってました。(;・∀・)

 

世界最先端の宇宙科学技術を研究しているJAXAの横を

ママチャリで通り抜けるおばちゃん、ナイスッ!

つくばならではの構図です(^◇^)

– –
制作ツール : Photomatix Pro 5 / Topaz Adjust 5 / Photoshop Elements 9  / Topaz Simplify4


Special Coupon (割引クーポンコード)
お気に入りのHDR画像
About Me

Author:cafecico
HDRフォトグラファー:cafecicoと申します。
自称旅行マニアで、本業はWebディレクターの仕事してます。

旅先で撮った写真を中心にHDR制作時の試行錯誤と作品たちを紹介します。

使用機材の詳細はこちら>
連絡先はこちら ( contact form ) >

* 当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンク下さい。