HDR Works

HDR画像作品と作成時の試行錯誤を紹介します。

HDR阿字ヶ浦駅

Topaz Labs からTopaz Adjust割引やるょメールがキタ――(゚∀゚)――!!。

特別セール。9月30日まで半額になるそうです。久々かも♪

Topaz Adjust 50% 割引クーポンコード :  septadjust

購入の際、カート画面でクーポンコード ” septadjust ” を入力すると割引が適用されます。(使い方

Topaz Adjust の購入はこちら

その他Topaz製品やセット品はこちら

(使用するにはPhotoshopかPhotoshopElementsが必要)

Adobe Photoshop Elements 11 Windows/Macintosh版

– – 

今回のトビラ画像は、ひたちなか海浜鉄道・阿字ヶ浦駅のHDR。

どちらかというとTopaz Adjustは控えめで、Topaz simplifyを中心に処理してます^^;)

– –
制作ツール : Photomatix Pro 4.2 / Topaz Adjust 5 / Photoshop Elements 9 / Topaz Simplify4


関連写真

HDR用に購入したTopaz Adjust

写真の補正にも使っております^^)/

そんな使い方の紹介にサンプルを用意してみました。

家の近くで撮った夏の雲。

雲だけTopaz Adjustですんごくメリハリつけてやりました。

強めにかけたTopaz Adjust画像を元画像重ねて彩度を低めに処理。

雲以外はガビガビになるのでマスクして、元画像の彩度をチョットだけ上げたら完成っす。

– – 
制作ツール : Topaz Adjust 5 / Photoshop Elements 9 


彩度の高い素材を処理する際のコツです。

Photomatixで彩度を低めに処理して、Topaz Adjustで色を出す。

ここテストに出します!

そのぐらい有効な手法です。

Topaz Adjust の魔法で色を再浮上させられるので、Photomatixでは「え!?」と感じるぐらい彩度を低く処理します。

Photomatixの処理で彩度を上げてしまうと不自然な色に増幅されますが、 Topaz Adjustでは色に関するパラメータが何種類かあり、調整してギリギリのところまで色を増幅できます。(*^ー^)ノ

上のHDR作例では、Photomatixで彩度低めに処理 -> Topaz Adjustでディテールと色を引き出す -> 主題に関係ない部分は彩度を落としてディテールの強調のみにする という流れで創作。(*゚▽゚)ノ

カラフルな素材には特にオススメな手法です♪

– –

制作ツール : Photomatix Pro 4.0 / Topaz Adjust 5 / Photoshop Elements 9


Special Coupon (割引クーポンコード)
お気に入りのHDR画像
About Me

Author:cafecico
HDRフォトグラファー:cafecicoと申します。
自称旅行マニアで、本業はWebディレクターの仕事してます。

旅先で撮った写真を中心にHDR制作時の試行錯誤と作品たちを紹介します。

使用機材の詳細はこちら>
連絡先はこちら ( contact form ) >

* 当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンク下さい。