HDR Works

HDR画像作品と作成時の試行錯誤を紹介します。

HDR東京2

HDR画像の半分以上を魚眼レンズで撮っている cafecico です。

なぜか。

楽だから(笑)。

あれこれ考えずに簡単に撮っても、おぉっ!って感じのHDRが出来るので、

Nikon D5200で気合を入れて撮りに行く日に使う Samyang 8mm も、

Pentax Q7で子鉄とふらっと出かける日に使う 03 Fish-eye も、

メインレンズとして多用しています。

 

ちなみにどちらのレンズも

安さで選んで買ったものなんですが

さっき、「壊れてもまだ買い直せるのかな?」と心配になって

Amazon見たら、¥6,558で絶賛安売りされてました。

 

↓↓↓ 露骨アフィリエイト貼ってみる( ̄▽+ ̄*)ペタッ

トビラの写真は、このレンズとPentax Q7 で撮ったものです♪

このレンズ、Amazonのレビューにもある通りマニュアルレンズでピント合わせがちょっとシビアですが

写りは良いし、遊べるし、軽すぎる(29gしかない)しで(・∀・)イイ!!ですょ。

ここまで安くておもちゃっぽいと、ピント合うところに油性ペンで

線書いて印つけても全く罪悪感がないレベルだし(笑)。

Samyang 8mm 買うときに、30,000円以下で魚眼レンズを買いたくて

苦労して海外から取り寄せたのは何だっんだ

思える値段です。

– –
制作ツール : Photomatix Pro 5 / Topaz Adjust 5 / Photoshop Elements 9  / Topaz Simplify4


関連写真

HDR東京

東京でHDRやってみた。

雑な撮影場所紹介ですみません。。

説明が雑になるくらい、東京のそこいらへんでHDRしてみました。

そこいらへんで主役があるわけでもなく撮っても、

なんかいい感じに仕上がる都会でのHDR > です(笑)。

 

我が茨城ではこうは行きません・・

なぜ、都会が有利か考えてみました。

  • 無機質な人工物が多い。
  • 密集している。
  • 高い建物があり影ができやすい。

たぶんこれだけです。

 

こんだけでHDRを量産できます。

とりあえずPhotomatixの体験版を入れたけど何撮るか悩んでる人、

始めたけど何かコツがつかめない人、

序盤の経験値稼ぎにオススメです。

– –
制作ツール : Photomatix Pro 5 / Topaz Adjust 5 / Photoshop Elements 9  / Topaz Simplify4


HDR東京駅

2015年1月29日に発売される玄光社ムック『HDR&ハイキー/ローキー 撮影・作成テクニック』 の巻頭にて

HDRを作る楽しさについて語らせていただきました。

いつもは『HDRの作り方』という視点でご相談をいただくことが多いのですが、

今回はHDRアーティストとして紹介とのお話。(  ゚ ▽ ゚ ;)

巻頭グラビアの画像数点とともに、

自分のカメラライフ (加工ライフ?)がHDRによっていかに楽しくなったかについて

語っております。

編集していく間、何点か候補作を出して見ていただいたのですが

残ったのは全て「魚眼」×「つくば」の写真(笑)。

パリや香港など海外のHDR画像が作例として紹介される中、

突如「茨城県のつくば市」という超ローカルな画像ページが続いたら私です(笑)

編集さんのお話では『計3名のアーティストさんをグラビアで紹介しています』とのこと。

まだ自分のページしか見ていないので、

あとのお二方がどんな切り口でお話されているのか楽しみです☆

 – –
制作ツール : Photomatix Pro 5 / Topaz Adjust 5 / Topaz Simplify4 / Photoshop Elements 9


Special Coupon (割引クーポンコード)
お気に入りのHDR画像
About Me

Author:cafecico
HDRフォトグラファー:cafecicoと申します。
自称旅行マニアで、本業はWebディレクターの仕事してます。

旅先で撮った写真を中心にHDR制作時の試行錯誤と作品たちを紹介します。

使用機材の詳細はこちら>
連絡先はこちら ( contact form ) >

* 当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンク下さい。