HDR Works

HDR画像作品と作成時の試行錯誤を紹介します。

今年初の魚眼。

しばらくFuji X70が出す優しい画像でHDRを作ってましたが

先日、Pentax Q7 ぶら下げて子鉄と撮影&乗り鉄の旅してきました♪

このエグい画角で鉄を写すと

アドレナリンがジャブジャブでてきますネ!

湾曲したラインを強調するために思いっきり上を仰いで撮ってきました♪

 

あ。

画角がエグ過ぎて、全く撮る気のなかったカップルが映ってしもうた・・

本人たちもまさか真横で空にカメラ向けてるおっさんに

撮られるとは思ってなかったでしょうが。。

そのぐらい魚眼レンズで撮るときは、

どんだけ歪ませるかのみを考えて

撮るものはほとんど意識してません。(๑•̀ㅁ•́๑)✧キリッ

それ故に雑な撮影を矯正しようとX70買ったんですが・・

 

まだまだ魚眼HDRにとりつかれているみたいです。(^^;

– –
制作ツール : Photomatix Pro 5 / Topaz Adjust 5 / Photoshop Elements 9  / Topaz Simplify4


関連写真

HDRさきさん東京タワー

さき♪さんから『渾身の素材やさ』と言って渡された浜松町貿易センタービルからの夜景。

Photomatix でHDR合成してみたのですが、暴れて手がつけられず

『Amazonで万引きするより難しかっぺょコレ・・・』と手を焼いていたのですが、

1日寝かせて、Photomatixを捨ててPhotoshop Elements でパーツごとに分けて

マスクしながら手動でHDR合成したところ

新しい処理の領域に到達しました。(^◇^)ドンドンパフパフ~

 

Photomatixでの合成時は下半分の夜景の色がほとんど死んでしまってたのですが、

Photoshopで比較明合成しながら階調を引き出してから彩度を上げたところ、

カラフルな夜景の再現(と誇張)に成功♪

調子に乗って、東京タワーは完全に処理分けして、もう1段上の色に持っていきました。

 

こういう処理ができると工場夜景でもHDRしてみたくなっちゃいますね☆

タワーの手前の公園を地味に明るく持ち上げる処理、

合成した月を雲やタワーの後ろにするために雲の形に合わせてマスクしていく処理、

手前の夜景を明るくして、奥に行くにつれて少しずつ暗くしていく処理。

美術というよりは化学の実験のように楽しみながら

渾身のHDR合成画像を創ることができました♪

(次こそは自分で撮ったやつでHDRします( ̄▽ ̄;)

– –
制作ツール : Topaz Adjust 5 / Photoshop Elements 9


HDR東京2

HDR画像の半分以上を魚眼レンズで撮っている cafecico です。

なぜか。

楽だから(笑)。

あれこれ考えずに簡単に撮っても、おぉっ!って感じのHDRが出来るので、

Nikon D5200で気合を入れて撮りに行く日に使う Samyang 8mm も、

Pentax Q7で子鉄とふらっと出かける日に使う 03 Fish-eye も、

メインレンズとして多用しています。

 

ちなみにどちらのレンズも

安さで選んで買ったものなんですが

さっき、「壊れてもまだ買い直せるのかな?」と心配になって

Amazon見たら、¥6,558で絶賛安売りされてました。

 

↓↓↓ 露骨アフィリエイト貼ってみる( ̄▽+ ̄*)ペタッ

トビラの写真は、このレンズとPentax Q7 で撮ったものです♪

このレンズ、Amazonのレビューにもある通りマニュアルレンズでピント合わせがちょっとシビアですが

写りは良いし、遊べるし、軽すぎる(29gしかない)しで(・∀・)イイ!!ですょ。

ここまで安くておもちゃっぽいと、ピント合うところに油性ペンで

線書いて印つけても全く罪悪感がないレベルだし(笑)。

Samyang 8mm 買うときに、30,000円以下で魚眼レンズを買いたくて

苦労して海外から取り寄せたのは何だっんだ

思える値段です。

– –
制作ツール : Photomatix Pro 5 / Topaz Adjust 5 / Photoshop Elements 9  / Topaz Simplify4


Special Coupon (割引クーポンコード)
お気に入りのHDR画像
About Me

Author:cafecico
HDRフォトグラファー:cafecicoと申します。
自称旅行マニアで、本業はWebディレクターの仕事してます。

旅先で撮った写真を中心にHDR制作時の試行錯誤と作品たちを紹介します。

使用機材の詳細はこちら>
連絡先はこちら ( contact form ) >

* 当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンク下さい。