HDR Works

HDR画像作品と作成時の試行錯誤を紹介します。

HDR草津

草津温泉でHDRやってみた^^)/

高速料金が高くなってしまうということで、先週弾丸で行ってきました。

いやーHDRと相性抜群の要素がゴロゴロ♪
いつもよりも気合を入れて、破たん寸前まで強めの処理をやってみました!

岩肌 : Topaz Adjust を強めにかけて、色情報を増幅、ディテールも最大限に強調
水面 : 温泉の色を強調しつつも、水中の様子を引き出す
曇り空 : 劇画タッチにして飲み込まれそうな雰囲気に
周辺の建物 : Topaz Simplifyで劇場のセットのように

Photomatixで階調が表現された明部・暗部の両方に画像処理をかけてHDR以上の
処理をしてみました♪

雨が降るか降らないかの境目での撮影。オススメです(*^ー^)ノ

– –
制作ツール : Photomatix Pro 5 / Topaz Adjust 5 / Photoshop Elements 9  / Topaz Simplify4


関連写真

温泉地でHDRやってみた。(*^ー^)ノ

嫁っこの実家近くにある足湯でHDRっす♪

逆光だろうが屋根の裏側の明暗がきつかろうが「HDRで何とかなんだろ」って考えで強引に撮影。

1EVステップで2回しすれば良かったのですが(D5000のブラケットは最大3ショットなので)、

チビ太の機嫌を伺ってたので2EVステップの3ショットで終了。

構図だけ真剣に考えましたが、それ以降はいつもの如く乱暴な素材撮影っす。( ̄ー ̄;)

 

PhotomatixのFAQページに「どんなカメラがおすすめですか?」って質問があるんだけど、

『2EV幅で3枚撮れるやつが( ・∀・)イイ!!よ。 まー1EV幅で5枚でも別にいいけどね』ってなってるんですよねこれが。。

なので、勝手に『お墨付き』と納得しながら益々撮影が乱暴になってきてます(笑)。

– –
制作ツール : Photomatix Pro 4.0 / Topaz Adjust 4 / Photoshop Elements 9


これまでPhotoshop 6 で頑張ってきたHDR制作の仕上げ環境を ¥3,980のタブレットにおまけで付いてきたPhotoshop Elementsに変えてみた!

結論から言うとスゲーいいかも!!!!! o(*≧◇≦)o〃
とても¥3,980のおまけ(タダ)とは思えない機能の豊富さ。ほとんどPhotoshopと同様の機能が残ってます。いったいどこを削ったんだろって思うぐらい。

以下にPhotoshop Ver6.0 との比較レビューを載せておきます。

自分がよく使う以下の機能はPhotoshop Elements でも問題なく使えました

  • Topaz Adjust プラグイン
  • レイヤーの複製 (実はコレが使えないと思ってて敬遠してた)
  • ブレンドモード (もちろんオーバーレイとか輝度とか一通りできます)
  • アンシャープマスク (メニュー位置が変わったが機能は全く同じ)
  • ぼかし
  • スタンプツール
  • レイヤースタイル (場所変わってます)
  • トーンカーブ (名称変わってます)

以下、Photoshop6 と比較してむしろ良くなった点

  • Windows Vistaで使用したときの安定感
  • Windows Vistaで使用したときの軽快さ
  • MSフォントによる2バイト文字入れのバグが解消
  • 自由な形に変形
  • 自動色補正
  • フリーのブラシが使える

以下、Photoshop6と比較して残念な点

  • アクションが使用できない (追記:Ver.9 から使えるようになりました)
  • クイックマスクがない (追記:Ver.9 からレイヤーマスクが使えるようになりました)

こんな感じです。

完成品はこちら。Photoshopで作業していた時と比べて慣れないぶん多少時間がかかったものの、機能的にはずいぶん向上してるので完成度は上がったかも♪
こりゃお買い得です。


Adobe Photoshop Elements 9 日本語版 乗換・アップグレード版 Windows/Macintosh版



Nikon D5000
-2.7EV / -0.7EV / +1.3EV / 3shot


Special Coupon (割引クーポンコード)
お気に入りのHDR画像
About Me

Author:cafecico
HDRフォトグラファー:cafecicoと申します。
自称旅行マニアで、本業はWebディレクターの仕事してます。

旅先で撮った写真を中心にHDR制作時の試行錯誤と作品たちを紹介します。

使用機材の詳細はこちら>
連絡先はこちら ( contact form ) >

* 当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンク下さい。