HDR Works

HDR画像作品と作成時の試行錯誤を紹介します。

観光船に乗って世界遺産見学ツアー ε=ε=ε=ヾ(´∀`*)ノ

というわけで、日本の中心で散歩をした2日後、HDRのため(?)に日本の果てまで行ってきました(笑)

しか~し、一見穏やかそうに見える海も実は大荒れ
途中で引き返すのを条件に何とか出向したものの、激しく上下に揺れてレンズキャップを甲板でコロコロと転がしてしまった。( ̄◇ ̄!!)

海側に転がらなかったのが不幸中の幸い。

なかなか手摺から手を離せずにもがいていたところ、あっさり船員さんに拾ってもらえました。(  ゚ ▽ ゚ ;)

さすがプロっす!

そんな悪条件の中、必死で撮ったHDRがこれ。相対的に動かない船は3射ともズレなかったが、海と雪山は揺れまくり~(笑)。

– –
Nikon D5000
-1.7EV / 0EV / +1.7EV / 3shot


関連写真

HDR向きにバシャバシャ写真を撮っていると、逆光でも「ハイダイナミックレンジで何とかなるかな」って変に自信過剰な状況になって、そんで家帰って処理すると、案の定バーストしてしまうってこと無いですか?

自分はよくあります。特に魚眼レンズで撮るようになってから。。

避けようとしてもフレームインしちゃうんですよ太陽が。


ってなわけで、加工でごまかしてみました。

  1. Photomatix でバーストしないギリギリの処理でトーンマッピング。
  2. 通常処理でPhotomatixでトーンマッピング(これは逆光でバーストしてもOK)
  3. 2. をPhotoshopで後処理。(これも逆光でバーストしててもOK)
  4. 1. をPhotoshopのトーンカーブで空だけ3.の色に近づけて太陽の周辺だけ3.に重ねる。
  5. Neat Image でノイズの除去。
  6. それでも違和感がある時は、Photoshopで[フィルタ]-[描画]-[逆光]

ポイントは 手順6. です(笑)。

初めてPhotshop の逆光を有効に使ったかも♪

– –

写真は茨城県ひたちなか市の平磯海岸。

これは先週撮った写真ですが、

本日の常磐道、友部で渋滞44Km
観光PRが下手な当県では今まで事故渋滞してもせいぜい10Kmぐらいだったのに。。

東北道の迂回路とし利用していただいてるおかげかな?

みんな茨城県でお金落としていってね♪

– –
Nikon D5000
-1.3EV / 0EV / +1.3EV / 3shot


ベネチアのゴンドラ

ベネチアのゴンドラ単ショットを Topaz Adjust してみた。(゚∀゚)/

早朝、サンマルコ広場前で出番を待つゴンドラ。杭で区切って車庫にしているようだ。

空がTopazで荒れてしまったので、空だけ別にして薄い処理に。
他の部分は Topaz Adjust 1回フルと、2回目50%レイヤー重ね処理で作成。

Canon IXY L1
1shot JPEG with Topaz Adjust


Special Coupon (割引クーポンコード)
お気に入りのHDR画像
About Me

Author:cafecico
HDRフォトグラファー:cafecicoと申します。
自称旅行マニアで、本業はWebディレクターの仕事してます。

旅先で撮った写真を中心にHDR制作時の試行錯誤と作品たちを紹介します。

使用機材の詳細はこちら>
連絡先はこちら ( contact form ) >

* 当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンク下さい。