HDR Works

HDR画像作品と作成時の試行錯誤を紹介します。

自分のHDR画像の作り方で、さんざん「photomatixでは彩度低めに出力してphotoshopの後処理で彩度を調整するのが(・∀・)イイ!!」って言ってきましたが、こんな方法で後処理時の彩度調整をしています。

使うのはPhotoshopブレンドモードのソフトライト。
まずはphotomatixで彩度(Color Saturation)パラメータを低め(30ぐらい)にして出力。
これをPhotoshopで開いた後にレイヤーをコピーして上のレイヤーをソフトライトでブレンドします。
彩度の調整は「不透明度」で。下の画像は70%になっちゃってますが、
普段は30%から50%ぐらいで重ねてまふ。

これによりphotomatixで強く出すぎてしまう「赤」の彩度をほどよく抑えることができます。
下の例はブレンド前(左)とブレンド後(右)の例。このような木造の建物のHDRに、ぴったりハマります。(赤は黒と同じくらい強い色らしい。)

被写体は皇居の大番所。逆光気味になるアングルだがHDRなのでお構いなしで撮影。

上の処理の後、Topaz Adjustしたレイヤーと、photomatixでTone Compressorした空を重ねて完成。
和の雰囲気を残すために、気持ちふんわりな仕上げにしました。


関連写真

昨日、JPEG1枚から作るHDRの限界に挑んだ大聖堂は「フランダースの犬」で主人公のネロが見たがっていた
ルーベンスの絵画
があることで有名な大聖堂。

そんなわけでバロック絵画を意識して、光当てまくりの重厚色彩やってみた。 (゚∀゚)ノ

まずは、Topaz Adjust
これで1枚JPEGから可能な限りディテールを引き出し、HDR(もどき)を作成します。
(この工程の詳細は「Topaz Adjustとは」をご参考下さい。)

ここからはPhotoshopのブレンドモード。

作ったHDR(もどき)画像をソフトライトで重ねて重厚感アップ。
さらに教会の神々しさを表現するために一部調度品にピカピカ処理をやってみました。

暇を持て余した神々の遊び(じゃなくてピカピカ処理)の種明かしは「続き」からどうぞ。

続きを読む »


Photoshop ElementsでHDRの後処理をする際の、レイヤーワークのコツを1つ発見♪ (゚∀゚)ノ

PhotomatixでHDR合成した後Photoshopでレイヤーを複数枚に分けて仕上げ処理している時の話です。

全体にTopaz Adjusutなどのフィルタ処理したいときに一度表示レイヤーを結合しなければならないが、
そうすると不可逆になってしまうというジレンマに陥ったりしませんか?

そんな時、次の方法で表示レイヤーを結合したものを新規レイヤーとして作成することができます。

Shift + Ctrl + Alt + E キー(Windows)または Shift + Command + Option + E キー(Mac)

これで、元の作業レイヤーを残しつつ新しい結合レイヤーができ、表示レイヤー全体にTopaz Adjustやノイズ除去などのフィルター処理をすることができます。

– –

写真はオランダ・ユトレヒトで撮影したミッフィーの博物館「dick bruna huis」。看板と背景に分けて7~8枚のレイヤーで処理してましたが、上記の方法で全表示レイヤーにTopaz Adjustしたものを重ねて、不要な部分をマスクするという処理で作成しました。

ここで買ったチケットが今、我が家の家宝の1つになってます♪

– –
Nikon D40
1shot JPEG with Topaz Adjust


Special Coupon (割引クーポンコード)
お気に入りのHDR画像
About Me

Author:cafecico
HDRフォトグラファー:cafecicoと申します。
自称旅行マニアで、本業はWebディレクターの仕事してます。

旅先で撮った写真を中心にHDR制作時の試行錯誤と作品たちを紹介します。

使用機材の詳細はこちら>
連絡先はこちら ( contact form ) >

* 当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンク下さい。