HDR Works

HDR画像作品と作成時の試行錯誤を紹介します。

アムステルダム中央駅でHDRやってみた。(*゚▽゚)ノ

緯度が高いためか冬になると日の出が8時過ぎになるため、この時間でも真っ暗っす。

そんな暗いホーム下で手持ち撮影したこの1枚。

どうにかしてエッジの効いたHDRに仕上げたい。。

そんな時にオススメなのがPhotoshop ( Elements ) のアンシャープマスク。輪郭だけを強調してくれる、とてもありがたい機能です。

というわけで、今回は私がよく使うアンシャープマスクのパラメを紹介します。

半径 0.3 固定。しきい値 0 固定。

量の値で、効き具合を調整。だいたい30~120ぐらいの範囲で調整してます。

上の例の120はかなり強めにエッジを効かせる時の値。プレビューでもお分かりの通り、パッキパキのHDRに仕上がります。

今回のトビラの1枚は、この値を40にして制作。

縮小時のボケを修正しつつも、ほどよいフンワリ感を残しました♪

– –

制作ツール : Photomatix Pro 4.0 / Topaz Adjust 4 / Photoshop Elements 9


関連写真

最近、再びこってりに回帰したと感じつつあるマイHDRですが、

こってり感を出そうとすると、つられて暴れる色が出てくるという副作用があります。

よく暴れるのは色強度が強い「赤」

上のHDR画像でも赤が他の色の3倍の速さ(あくまでの体感的に)で反応しました。

そこで、基本的なPhotoshop Tipですが、その押さえ込み方をご紹介します。

まずは、Photomatix出力直後の処理前画像から。

続きを読む »


先日自作したってお伝えしたパスポート用証明写真のPhotoshopファイル(.psdファイル)。

提供致しますので、自由にダウンロードしてご利用ください。

パスポートの規定に合わせて、赤い枠線と、顔のサイズを合わせるためのPhotoshopのガイド線を入れてあります。
(赤い線は切り取り線として印刷されます。青のガイド線は印刷されません。)

パスポート申請用写真の規格についての詳細はこちら(外務省)でご確認ください。

使用上の注意

  • 必ずそのままのサイズでプリントしてください。
    ドライバの設定で用意サイズに合わせないよう注意ください。
    Photoshop(またはPhotoshop Elements)の[ファイル]-[プリント]で、「メディアサイズに合わせて拡大・縮小」のチェックを外す!
    念のため印刷後に定規で測るといいょぉ。
  • 赤い切り取り線は、パスポートの規定サイズより1mmほど外側に引いてます。切り取りの際は赤線の内側を切ると、ちょうど良いサイズになるかと思います。
  • プリントの際はそれなりに高級な写真用紙に印刷してください。
  • ダウンロードしたPhotoshopファイルに見本として含まれている人物写真は、肖像権フリーの写真を使用しております。身内ではありません(笑)。

– –
写真はベルギーのアントワープ中央駅で撮影した夜のプラットフォーム。
元は1枚JPEGですが、Topaz AdjustだけでなくPhotomatixも隠し味に使ってます。

旅行作家がつくった旅ノート。ぐるぐる旅日記帖。

– –
制作ツール : Photomatix Pro 4.0 / Topaz Adjust 4 / Photoshop Elements 9


Special Coupon (割引クーポンコード)
お気に入りのHDR画像
About Me

Author:cafecico
HDRフォトグラファー:cafecicoと申します。
自称旅行マニアで、本業はWebディレクターの仕事してます。

旅先で撮った写真を中心にHDR制作時の試行錯誤と作品たちを紹介します。

使用機材の詳細はこちら>
連絡先はこちら ( contact form ) >

* 当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンク下さい。