HDR Works

HDR画像作品と作成時の試行錯誤を紹介します。

先日Bリーグの試合を観る機会があったので

会場でHDR撮影やってみました♪

明暗の差が激しいほど力を発揮するのがHDRってことで

無謀にも

照明が落とされた選手入場のタイミングでブラケット撮影。

 

HDRでは禁忌とされるISO感度MAX設定での撮影でしたが

ノイズ除去やら、Topaz Adjust での強調やら色々駆使しして仕上げてみました。

 

画面の近くで見るとノイズが目立ちますが、

画面から離れてみると、なかなかパンチのある仕上がりに☆

 

この暗さで手持ちで撮ってもブレないコンデジ(Pentax Q7)。最強です(๑•̀ㅂ•́)و✧

– –
制作ツール : Photomatix Pro 5 / Topaz Adjust 5 / Photoshop Elements 9  / Topaz Simplify4


関連写真

今年初の魚眼。

しばらくFuji X70が出す優しい画像でHDRを作ってましたが

先日、Pentax Q7 ぶら下げて子鉄と撮影&乗り鉄の旅してきました♪

このエグい画角で鉄を写すと

アドレナリンがジャブジャブでてきますネ!

湾曲したラインを強調するために思いっきり上を仰いで撮ってきました♪

 

あ。

画角がエグ過ぎて、全く撮る気のなかったカップルが映ってしもうた・・

本人たちもまさか真横で空にカメラ向けてるおっさんに

撮られるとは思ってなかったでしょうが。。

そのぐらい魚眼レンズで撮るときは、

どんだけ歪ませるかのみを考えて

撮るものはほとんど意識してません。(๑•̀ㅁ•́๑)✧キリッ

それ故に雑な撮影を矯正しようとX70買ったんですが・・

 

まだまだ魚眼HDRにとりつかれているみたいです。(^^;

– –
制作ツール : Photomatix Pro 5 / Topaz Adjust 5 / Photoshop Elements 9  / Topaz Simplify4


HDR外川駅

前回、手っ取り早くHDRの恩恵を楽しむならまずは上京しようという

チュートリアルを載せましたが、今回は逆に地方でHDRするにはどこがいいかの考察。

うす暗いところでHDRする。

地方では、こんな題材が手っ取り早くHDRの恩恵を楽しめます。(*^ー^)ノ

 

今回その例として撮ってきたのは夕刻の地方駅。

銚子電鉄の果てにある外川駅でHDRをしてきました。

 

実際の明るさは上の画像よりももっと暗い状態での撮影。

窓から差し込む明かりが古い駅舎を5割増しぐらいにさらに古めかしく照らしてました。

天井の照明も消えていたので、1秒ぐらいのシャッター速度でブレないように気を使いながら

じっくりとマルチショット。三脚が手元になかったので小型ミラーレス Qentax Q7を腰掛けに置いて撮影です。

 

今回のHDRによる演出のポイントは、ベンチの看板で反射する光と、薄汚さが増した天井。

奥のガラスから覗く外の階調も引き出せたあたりもHDRの恩恵です♪

– –
制作ツール : Photomatix Pro 5 / Topaz Adjust 5 / Photoshop Elements 9  / Topaz Simplify4


Special Coupon (割引クーポンコード)
お気に入りのHDR画像
About Me

Author:cafecico
HDRフォトグラファー:cafecicoと申します。
自称旅行マニアで、本業はWebディレクターの仕事してます。

旅先で撮った写真を中心にHDR制作時の試行錯誤と作品たちを紹介します。

使用機材の詳細はこちら>
連絡先はこちら ( contact form ) >

* 当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンク下さい。