HDR Works

HDR画像作品と作成時の試行錯誤を紹介します。

HDR-光の森

夜景HDRが映える時期になりやした。(`▽´)/

夏の空もHDRにオススメですが、

冬のイルミネーションもやっぱりHDRにおすすめです♪

そんなわけで、つくば光の森・ランタンアート2013。

今年も仕事がてらにHDRして来ました。(今年は準備から追って動画も作りました

これで5年連続。そのぐらい、このランタンアートというイベントはHDRしたくなる要素満載っす。

さすがに5年も連続して行くと、防寒対策は抜かりなく撮影に挑めるのですが

今回は地元中学生が準備するシーンを昼間から追いかけてたので

危うくバッテリー切れに陥ってしまう危機に。。(  ゚ ▽ ゚ ;)

最後のほうはサブカメラを交えながら何とか乗り切りました。

冬のライブビュー動画撮影、ものすごくバッテリーを食うことが判明っす。。


関連写真

今年で4回目のこのイベント。4年連続で撮影に行って、4年連続でHDRしちょります(笑)。

今年は初日が雨で中止になりましたが、2日目は気温も高く人出も多かったです。

そして、三脚使ってる人も多かった!

これまでは自分か写真が好きと思しきオジィぐらいしか三脚持参の人はいなかったのですが。。

三脚持参で撮影している家族連れやカメラ女子も結構おりました。

石畳の広場で、すごくHDR映えするんですよねぇココ♪

ロケットの図柄がランタンで描かれてました。(*^ー^)ノ

– –
制作ツール : Photomatix Pro 4.2 / Topaz Adjust 5 / Photoshop Elements 9


夜景でHDRすると、空がガビガビになってしまうことありますよねぇ。

せっかく寒さに耐えて長秒撮影してきたのに、イマイチ使えない。。

ノイズが増幅されてしまう「空」を分離して処理しようとしても切り取りにくくてやっぱり使えない。。

そんな時、 トーンマッピングでなく Tone Compressor で処理すると

( ・∀・)イイ!!感じに仕上がります♪

まずはPhotomatix の Tone Compressorでちょっと落ち着いた雰囲気に出力。

後処理でTopaz Adjustをつかって「らしさ」を引き出します。

空の色をパラメで調整できちゃうおまけつき。

オリンパスカメラに搭載されているドラマチックトーンのように仕上がりました!

さて。今年のランタンアート。

雨予報のため、日曜のみの1日開催になってしまいました。。

雨×ライトアップはHDRer的には、オイシイ素材だったのですが。。残念。

というわけで、とびらの画像は去年のものっす。( ̄▽ ̄;)

– –
制作ツール : Photomatix Pro 4.2 / Topaz Adjust 5 / Photoshop Elements 9


Special Coupon (割引クーポンコード)
お気に入りのHDR画像
About Me

Author:cafecico
HDRフォトグラファー:cafecicoと申します。
自称旅行マニアで、本業はWebディレクターの仕事してます。

旅先で撮った写真を中心にHDR制作時の試行錯誤と作品たちを紹介します。

使用機材の詳細はこちら>
連絡先はこちら ( contact form ) >

* 当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンク下さい。