HDR Works

HDR画像作品と作成時の試行錯誤を紹介します。

Nikon D5000 による作例

ここ数日、「コンデジ買った、コンデジ買った」と騒いでおりましたが、

ようやくデジイチ(Nikon D5000)とコンデジ(Canon Powershot S95)でのHDRの撮り比べやってきました!!(*^ー^)ノ

 

比較するために今回はこの条件で撮影。
同じ条件で撮影して、全く同じ合成処理しました。

  • Nikon D5000
    F8 , -1.7EV 0EV +1.7EV JPEG, WBオート
    AF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR 広角端 18mm (35mm換算で27mm)で撮影
  • Canon S95
    F8 , -1.7EV 0EV +1.7EV JPEG, WBオート
    広角端 28mm で撮影

まず、冒頭の画像はデジタル一眼レフNikon D5000で3枚のブラケット撮影をして作成したHDR画像。
Photomatix や Topaz Adjust など、通常使用するツールを活用して後処理もいつも通り施しました。

続いてCanon Powershot S95による作例はこちら

続きを読む »


関連写真

先日から目をつけていた家族サービスとHDR素材撮りを両立できるカメラ Power Shot S95 買いました(*゚▽゚)ノ

ってか、PowerShot ってブラインドタッチしようとすると、毎度 PhowerShop になってしまう職業病に陥ってるっす(笑)。

 

買った最初の印象 ― 「箱、小さっ!!!」っす。

本体は購入前に電気屋でさんざんいりじ倒したのですが、箱を見るのは初めて。

弁当箱程度の大きさの箱に、一度取り出すと二度と同じようにしまえないような並びで

隙間なく詰められてます。

で、試しに数枚撮ってみた感想ですが、恐ろしいぐらいブレません(笑)。

接眼せずにわずか数本の指でホールドしているわけですが、ISO上げなくても余裕で室内撮りが可能。

個人的に1/4秒ぐらいまでは余裕です。( ・∀・)イイ!!

これでチビ太を片手に抱えながらでも。。。ふっふっふ。。

 

購入に至ったポイントと、D5000との撮り比べはまた後日♪

本日は控えめにS95本体をHDR処理してみました。

– –

制作ツール : Photomatix Pro 4.0 / Topaz Adjust 4 / Photoshop Elements 9


コンデジでHDRの撮り比べやってみたぉ。(*゚▽゚)ノ

電気屋でお姉さんにお願いして、持ち込んだSDカードで撮り比べさせてもらいました。

試し撮りした機種はNikonのP7000とCanonのPowershot S95, G12 。

いずれも撮像素子の大きさ、画素数が同じ3万円台の高級コンデジ3台っす。

上のHDRはNikonのP7000

出力が黄色気味になったので、ホワイトバランスを少し調整しました。

キヤノン機との比較ですが、今回の実験ではこっちのNikon機のが階調が柔らかい好みのトーンになりました。

撮って出しは落ち着いた色ですが、「HDRするのにちょうどよい色」のような気がします。

ただしこちらは1.0EVステップの5ショット。連射は速かったですがメニューの動作が「もっさり」なのがちょっと残念っす。


続いてキヤノン機で作ったHDR画像

続きを読む »


Special Coupon (割引クーポンコード)
お気に入りのHDR画像
HDR - ラクーア
HDR-成田空港到着ロビー
HDR-筑波山ケーブルカー
Topaz Adjust - I amsterdam
HDR - 押ボタン
HDR - 羽田空港ターミナル
HDR - つくばの夕暮れ
HDR - IKEA
HDR - JAXA
About Me

Author:cafecico
HDRフォトグラファー:cafecicoと申します。
自称旅行マニアで、本業はWebディレクターの仕事してます。

旅先で撮った写真を中心にHDR制作時の試行錯誤と作品たちを紹介します。

使用機材の詳細はこちら>
連絡先はこちら ( contact form ) >

* 当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンク下さい。