HDR Works

HDR画像作品と作成時の試行錯誤を紹介します。

海外に目を向けると格安な魚眼レンズがありそうなことがなんとなく分かった(前回のポストより)ので、
ちょっと幅を広げて探したところイロイロ出てきやした♪

とりあえずは米国のAmazon.comで fisheye を検索。

Rokinon 8mm f/3.5 fisheye というレンズを$299.95で発見。
色々調べたところ、今回は”APS-C image sensor” 向きに作られたレンズのようだ。

Rokinon 8mm f/3.5 Aspherical Fisheye Manual Focus Lens for Nikon (Amazon.com)

日本に送ると送料いくらになるか確認する為にアカウント作ってカートに入れてみた。( ̄▽+ ̄*)


はい。またも撃沈。どうやら日本には送ってもらえないらしい。

しかし、よく見ると販売元はAmazon.comでなくて業者みたいなので、どうやらこの業者が日本への発送に対応してないようだ。

なにはともあれ、今回もめでたく「カゴ落ち」になりました。

– –

上の写真はパリのCDG空港で撮った1枚JPEGをTopazやらPhotoshopやら駆使し作った擬似HDR。
はい。もちろん標準レンズです。。

– –
Nikon D40
1shot JPEG with Topaz Adjust


関連写真

Topaz Adjust - KLM

昼間に『台風一過の真っ青な空と低い雲で、ヨーロッパの田園風景みたいなHDRを!』と意気込んでカメラを持ち出したが、マルチショットをして重大な過ちに気づく。(  ゚ ▽ ゚ ;)

それは、烈風で雲がありえなーい速さで移動してしまっていること。。
4コマ/秒のオートブラケットをもってしてもマルチで撮った写真は使い物にならず(ToT)

なので、写真は数年前に搭乗したKLM。
この日も低気圧の影響で、コンテナのカバーが吹っ飛んでしまうのではと心配するほどの強風が吹き荒れていた。それでも国際線はお構い無しで飛ぶんだよねー。国内線は欠航するのになんでだろ?
空港のターミナル内から撮影。強風のおかげでガラス越しとは思えないくらいくっきり色が出た。色補正後にガラスの継ぎ目を地味に消して完成。


Nikon D40
1shot JPEG with Topaz Adjust


HDR初挑戦

On 2009.08.02 コメントする Posted by cafecico

ハイダイナミックレンジ合成(HDR)に挑戦してみた。

HDR合成は、同じ構図で明るく撮影した画像と暗く撮影した画像を用意し
それをら合成することによって白トビや黒つぶれのない画像を生成する手法だ。

まずは材料集め。
せっかくなので「旅行行った気分」もゲットしようと休日を利用して空港まで遠征。
ここなら三脚を広げてカシャカシャしても怪しまれないので気分的に楽だ。

ごっついカメラで構えた人の隣で、ホームセンターで買った1000円の三脚を広げ、
ダイヤル回してカシャ、ダイヤル回してカシャを繰り返してきた。(^^;

帰ってきてHDR合成したのがこちら。

HDR - 成田空港滑走路

今日は残念ながら、あいにくの空模様。隣で撮影していた人も「今日は不発ですねぇ」と苦笑いをしていた。
元の写真がのっぺりした色なので心配だったが、それでも何とか雰囲気はそれっぽくなった。
空港と反対側。こっちのほうが色が多彩でHDR合成イメージっぽい。

天気がいい日に撮影した材料で合成してみたい!!


Special Coupon (割引クーポンコード)
お気に入りのHDR画像
About Me

Author:cafecico
HDRフォトグラファー:cafecicoと申します。
自称旅行マニアで、本業はWebディレクターの仕事してます。

旅先で撮った写真を中心にHDR制作時の試行錯誤と作品たちを紹介します。

使用機材の詳細はこちら>
連絡先はこちら ( contact form ) >

* 当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンク下さい。