HDR Works

HDR画像作品と作成時の試行錯誤を紹介します。

高島城

城。

寺と並んでHDRで捉えるべき被写体の1つです。

石垣のディテールを強調しても良し。

堀の水面に映る写像を引き出しても良し。

城門の中から覗く城内を引き出すのも良し。

作りが細かいので、どう撮っても加工しがいのある素材となり得る相性の良い被写体です。

さらに、

何かしらのゲーム画面で見たことのあるシーンでもあり、

プラモデルの箱に描いてあるCGにも見える。

出来上がった画像の非現実感も楽しめます。

 

そんな城。加工する際のコツが1つあります。

木造部分の赤みを抑えること。(Photoshop で赤系の彩度を落とします)

これをやらないと、木造部分がオレンジ色になってしまい違和感が出てしまいます。

寺や神社も同様。

このコツを覚えてから城・寺が簡単にHDRの効果を堪能できる素材になりました♪

 

お城観光は『どう攻略するか』を考えながら見ると楽しさが増すって話を

どっかで聞いたことがありますが、

門を下から覗いたり、城外に出て構図を練ったりと

『どうHDRするか』を考えながら歩いても

お城観光を楽しめます。(*^ー^)ノ

– –
制作ツール : Photomatix Pro 5 / Topaz Adjust 5 / Topaz Simplify4 / Photoshop Elements 9


Clip to Evernote
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連写真

HDR日暮里駅

子鉄との鉄旅でのHDR。 どんだけ鉄旅に行ってるんだ我が家。。

乗り換えでよく利用する日暮里駅でやってみました。(*^ー^)ノ

 

エスカレーターを上っている途中で振り返ってみたところ

「おっ。これ(・∀・)イイ!!んじゃね」

と思い、ちょっと背伸びして壁越しにマルチショット。

ホーム脇から入る光と古いトタン、天井の明かり取り、さらには路線もいい味を出して、

かなりディープな仕上がりになりました♪

これだけ人工的な構造物だらけの場所でHDRすると、

かなりSFっぽくなることが判明。

少しゴワゴワ感を残してもかえっていい味になります。

工場の中とか、倉庫の中とかでもなかなか『えげつない』HDRができるかも!

今度狙ってみます。

 

(追記)

あ。そういえば、車両基地で既にやってた。。

どんだけ鉄旅に・・・以下略  ┐(´∀`)┌ヤレヤレ

– –
制作ツール : Photomatix Pro 5 / Topaz Adjust 5 / Topaz Simplify4 / Photoshop Elements 9


Clip to Evernote
このエントリーをはてなブックマークに追加

HDR東大通り

自転車を買ってから、こういう天気の日になると

カメラ片手にサーっと出掛けては、HDR素材になる写真の撮影。

駐車場の無いところでも気軽にアクセスできるので機動性がかなり向上しました♪

今回撮ってきたのはJAXA筑波宇宙センターの近く。

日本の道100選「東大通り」にかかる橋の上からJAXA方面です。

 

いやー、それにしても( ・∀・)イイ!!雲が出てました!!!

色薄く処理したレイヤーの上に、

同じ画像(コピーしたレイヤー)からTopaz Adjust か Topaz Simplify 使って

色強く処理したレイヤーをオーバーレイで乗せる。不透明度は任意。

その不透明度を油絵で出力した Topaz Simplify 側かなり濃いめにしたところ

中世オランダ絵画のような濃淡が出たので、そのまま出力してみました。

以前、あけぼの山農業公園の風車で狙って撃沈した下の絵画のような

雰囲気をついにつくり上げることが出来ました♪

Via: Irina on flickr

 

大通りや横断歩道を渡る女性ののっぺり感もまさに油絵。(*^ー^)ノ

ノイズ感、渇きっぷりも、いつもと違うおもしろ画像です☆

もはやHDRとかも調味料の1つになってしまっている画像。

でも超おもしれぇ♪

– –
制作ツール : Photomatix Pro 5 / Topaz Adjust 5 / Topaz Simplify4 / Photoshop Elements 9


Clip to Evernote
このエントリーをはてなブックマークに追加
Special Coupon (割引クーポンコード)
お気に入りのHDR画像
About Me

Author:cafecico
HDRフォトグラファー:cafecicoと申します。
自称旅行マニアで、本業はWebディレクターの仕事してます。

旅先で撮った写真を中心にHDR制作時の試行錯誤と作品たちを紹介します。

使用機材の詳細はこちら>
連絡先はこちら ( contact form ) >

* 当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンク下さい。