HDR Works

HDR画像作品と作成時の試行錯誤を紹介します。

夏休み中に出かけた牧場の写真でHDRしてみた。

この日はとにかく空気が澄んでいて、撮影にはうってつけの日。
空の青を出したくて、首を曲げて下から撮影。元写真の空はもっと青かった。

HDRは1 shot RAWから生成。
羊の白を強調すると鉄柵が普通になってしまい、鉄柵の錆びをリアルに演出しようとすると陰影のあるリアル羊も出てきてしまうので、結局両方作って後から白い羊を上乗せしてみた。

HDR自体いいとこ取りなんだけど、HDR同士でさらにいいとこ取りしたみたいな(笑)

HDR - 羊

これまで三脚+パンフォーカスがHDR向きと思ってて、そういった素材を集めてたが
パンフォーカスの風景でなくても、意外と作れてしまうことが判明。

普段撮りの写真でもRAWで撮っておけばHDRできるのもあることが分かった、そんな1枚。


Nikon D40
Single shot RAW


Clip to Evernote
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連写真

HDRで増幅されてしまうノイズをどうやれば減らせるか実験してみた。

まずは効果は期待できないのだが、たまたま手元にあった昼間の写真で。
雲の部分にノイズが多く見られる。

私のHDRの作り方は、

  1. 撮影
  2. potomatixでHDR合成
  3. photoshopで補正
  4. 必要に応じてTopazAdjustで味付け

という手順なのだが、まずは手順2.と手順3.の間でノイズ処理をするとどうなるか試してみた。

ノイズの除去に使用したソフトはNFILTERというソフト。
大事な部分をボカさずにノイズを低減できると評判らしい。

結果はこんな感じ。

まずはノイズ処理せずに普通に作成した場合。
HDR ノイズ処理無し

続いて、後処理の前でノイズ処理をした場合

HDR ノイズ処理有り

う~ん。ブログに貼る大きさに縮小しちゃうとほとんど差がない。
縮小したときにノイズ潰れてくれてるし。。
ちなみに元サイズで比較するとこんな感じ。

HDR_noise03

この大きさで見ると空のノイズが軽減されているのがよく分かる。
タンクの描画がのっぺりしてしまっているのでphotoshopでここだけ元画像を生かすようにすれば綺麗に処理できるだろう。面倒だが。。
次は合成前にノイズ処理した場合と、後処理の後、完成品でノイズ処理した場合もテストしてみたいと思う。


Clip to Evernote
このエントリーをはてなブックマークに追加

鹿島臨海工業地帯に行った際に立ち寄った銚子港でHDRしてみた。

何となく、ごちゃごちゃした雑多な被写体がHDR向きであると思っていたが、やはりそのようだ。
色や影があちこちにあるので、HDR合成される箇所が多いのだろう。
そういう意味で港というのは、まさにHDR向きだと思う。

しかし、静止していると思いきや、ブラケット撮影した結果を見ると被写体の船は波でほんのわずかに動いていたらしい。さすがのphotomatixも3隻のポールを同時に合わせるのは酷だったようだ。目立った1・2本だけphotoshopで補正。

ChoshiFishingPort01


NikonD40
-2.0EV ~ +2.0EV , 3shot


Clip to Evernote
このエントリーをはてなブックマークに追加
Special Coupon (割引クーポンコード)
お気に入りのHDR画像
About Me

Author:cafecico
HDRフォトグラファー:cafecicoと申します。
自称旅行マニアで、本業はWebディレクターの仕事してます。

旅先で撮った写真を中心にHDR制作時の試行錯誤と作品たちを紹介します。

使用機材の詳細はこちら>
連絡先はこちら ( contact form ) >

* 当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンク下さい。