HDR Works

HDR画像作品と作成時の試行錯誤を紹介します。

なにげなーく撮った電車の写真でHDRしてみた。

HDRはごく普通のスナップでもそれなりに絵になってしまうのが魅力だ。
そのため、被写体選びもこれまでは「絵になる風景」を求めていたのに対して、今ではHDR向きの雑多な風景、すなわち「色んなものが含まれすぎた風景」を探している。というか若干「雑」になっている。

でも、雑に探した被写体のほうがHDRすると映えることもよくあるし、HDR行けそうと狙って撮った写真で全く映えなかったりすることもしばしば。

HDR - 総武線

– –
Nikon D40
Single shot RAW


Clip to Evernote
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連写真

HDR特有のどろんどろんな画調を生かせるものはないかと考えた結果「江戸」というキーワードが浮かんだので江戸東京博物館でHDRしてみた。

ここは写真撮影がOKという貴重な博物館。
国技館の隣なだけあって外国人観光客らしき方も多く、あちこちでフラッシュが光っていた。

館内は照明を落としているのでHDRの基本とは逆を行くISO1600+手振れ補正で撮影。手持ちでダイヤル回しつつの3枚ブラケットという強引な撮影手段は、ダイヤルを回す間構図が変わらないように測距点のみを見つめていなければならず、HDRのためだけにオートブラケットができるカメラを欲しいと思ってしまう。

高感度で撮っているので若干ノイズが出たが何とかHDR出来たのは手振れ補正とD40の大きい撮影素子のお陰かなー。

HDR - 江戸東京博物館

ん。これって江戸じゃなくて明治とか大正かな??


Nikon D40
-2.0EV ~ +2.0EV, 3shot


Clip to Evernote
このエントリーをはてなブックマークに追加

被写体はまたしても日の出直後のキバナコスモス畑。

ホワイトバランスを変えた写真を素材にHDRしたら、ホラーっぽい雰囲気になった。

右側は夜露をキラキラと輝かせ誘っておきながら、撮影者のズボンをズブ濡れにする魔の小路。
一度入ってしまうと後ろから別の撮影者が戻る道をふさいでしまい、ズブ濡れになって通り抜ける以外、脱出方法がないというデンジャラスロード。

三脚も購入10日後にして「いい仕事してます」的な汚れっぷりに。。

HDR - 明野1


Clip to Evernote
このエントリーをはてなブックマークに追加
Special Coupon (割引クーポンコード)
お気に入りのHDR画像
About Me

Author:cafecico
HDRフォトグラファー:cafecicoと申します。
自称旅行マニアで、本業はWebディレクターの仕事してます。

旅先で撮った写真を中心にHDR制作時の試行錯誤と作品たちを紹介します。

使用機材の詳細はこちら>
連絡先はこちら ( contact form ) >

* 当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンク下さい。