HDRテクニック・コツ

2010年11月28日風景・街並み

HDR画像の作成にはいくつかのコツがあります。HDRしやすい素材の選び方や、HDR合成ソフトを使った加工の方法、Photoshopでの仕上げの方法などなど。このページではHDR作成中に気づいたコツやテクニックなどを少しずつ紹介します。

1. HDR向きの素材

  • 石。石造のもの。
    その他にも石畳の道や、石壁、レンガの壁など。とにかくHDRと相性がいいらしい。「石」というキーワードに関連してればなんでも。道路とかも同様に好相性。Topaz Adjustで処理すると「いかにも」なHDRに仕上がる。
    Kirifuri a_20090926140705
  • 水面
    これはFlickrからヒントを得たのだが、水面に反射した景色がHDRによって、とにかくクッキリ表現される。通常は3ついっぺんに最適露光されない、空・被反射物・水面のすべてに露光が合うので、HDRの恩恵を受けやすい題材。
    コツは天気の良い日に、太陽を背にして順光で撮影すること。よく反射します!! さらに雲が少し出ていたりすると、それもまたいい具合に♪
    h_20091004172933 ExpoPark01
  • 工場
    HDRerの方のブログを見ていると、これを被写体にされている方が結構おられます。私も最初、夜の工場のHDR写真を見てものすごい衝撃を受けました。
    ごちゃごちゃして色が多彩ということと、光の反射がHDR効果を引き出すのかと。
    a_20091012115216 Kashima01

2. HDR加工時のコツ

基本的な作り方はこの「HDRの作り方」のページで紹介してるので、ここではコツとかテクニックを紹介していきます。