HDR Works

HDR画像作品と作成時の試行錯誤を紹介します。

Archive for 2月, 2016

子鉄のパスポートを作った直後に震災に遭って5年。

毎年、「海外行くぞ」「海外行くぞ」と言いながら、

パスポートが白紙のまま期限切れが近づいてきた cafecico 家っす。。

そんな中、

「ウユニ塩湖に行きたいが金が無いので皿に水張って撮った」という

ツイートを見てHDR写真家としての血が騒いだ昨今。

HDRするようになると、こういう画像に「ムムっ」と

食いつくようになりますねぇ。

さっそく翌朝実験開始。寒いので家の2階でチャレンジです。

ヒタヒタに水を注いだまま日の当たる場所までGo.

当然ながらこの間に多少こぼして鬼ヨメに怒鳴られています。:*:・( ̄∀ ̄)・:*:

どんな風に実験したか分かりやすいように皿の手前から写してみました。

ウユニ塩湖

これ、ちゃんとやればもっといいの作れそうですね♪

手応えアリな感じです。

隣家が邪魔にならないような高いところからやるのがポイントでしょうか

問題は、

そんなところにどうやってヒタヒタに水を注いだ皿を持っていくか。。(^_^;)

今度、どっかに泊まった時に

紙皿とペットボトル持参で再実験してみたいと思います♪

– –
制作ツール : Photomatix Pro 5 / Topaz Adjust 5 / Photoshop Elements 9  / Topaz Simplify4

 


関連写真

HDR外川駅

前回、手っ取り早くHDRの恩恵を楽しむならまずは上京しようという

チュートリアルを載せましたが、今回は逆に地方でHDRするにはどこがいいかの考察。

うす暗いところでHDRする。

地方では、こんな題材が手っ取り早くHDRの恩恵を楽しめます。(*^ー^)ノ

 

今回その例として撮ってきたのは夕刻の地方駅。

銚子電鉄の果てにある外川駅でHDRをしてきました。

 

実際の明るさは上の画像よりももっと暗い状態での撮影。

窓から差し込む明かりが古い駅舎を5割増しぐらいにさらに古めかしく照らしてました。

天井の照明も消えていたので、1秒ぐらいのシャッター速度でブレないように気を使いながら

じっくりとマルチショット。三脚が手元になかったので小型ミラーレス Qentax Q7を腰掛けに置いて撮影です。

 

今回のHDRによる演出のポイントは、ベンチの看板で反射する光と、薄汚さが増した天井。

奥のガラスから覗く外の階調も引き出せたあたりもHDRの恩恵です♪

– –
制作ツール : Photomatix Pro 5 / Topaz Adjust 5 / Photoshop Elements 9  / Topaz Simplify4


HDR東京

東京でHDRやってみた。

雑な撮影場所紹介ですみません。。

説明が雑になるくらい、東京のそこいらへんでHDRしてみました。

そこいらへんで主役があるわけでもなく撮っても、

なんかいい感じに仕上がる都会でのHDR > です(笑)。

 

我が茨城ではこうは行きません・・

なぜ、都会が有利か考えてみました。

  • 無機質な人工物が多い。
  • 密集している。
  • 高い建物があり影ができやすい。

たぶんこれだけです。

 

こんだけでHDRを量産できます。

とりあえずPhotomatixの体験版を入れたけど何撮るか悩んでる人、

始めたけど何かコツがつかめない人、

序盤の経験値稼ぎにオススメです。

– –
制作ツール : Photomatix Pro 5 / Topaz Adjust 5 / Photoshop Elements 9  / Topaz Simplify4


Special Coupon (割引クーポンコード)
お気に入りのHDR画像
About Me

Author:cafecico
HDRフォトグラファー:cafecicoと申します。
自称旅行マニアで、本業はWebディレクターの仕事してます。

旅先で撮った写真を中心にHDR制作時の試行錯誤と作品たちを紹介します。

使用機材の詳細はこちら>
連絡先はこちら ( contact form ) >

* 当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンク下さい。