HDR Works

HDR画像作品と作成時の試行錯誤を紹介します。

Archive for 2月, 2010

Photoshop ElementsでHDRの後処理をする際の、レイヤーワークのコツを1つ発見♪ (゚∀゚)ノ

PhotomatixでHDR合成した後Photoshopでレイヤーを複数枚に分けて仕上げ処理している時の話です。

全体にTopaz Adjusutなどのフィルタ処理したいときに一度表示レイヤーを結合しなければならないが、
そうすると不可逆になってしまうというジレンマに陥ったりしませんか?

そんな時、次の方法で表示レイヤーを結合したものを新規レイヤーとして作成することができます。

Shift + Ctrl + Alt + E キー(Windows)または Shift + Command + Option + E キー(Mac)

これで、元の作業レイヤーを残しつつ新しい結合レイヤーができ、表示レイヤー全体にTopaz Adjustやノイズ除去などのフィルター処理をすることができます。

– –

写真はオランダ・ユトレヒトで撮影したミッフィーの博物館「dick bruna huis」。看板と背景に分けて7~8枚のレイヤーで処理してましたが、上記の方法で全表示レイヤーにTopaz Adjustしたものを重ねて、不要な部分をマスクするという処理で作成しました。

ここで買ったチケットが今、我が家の家宝の1つになってます♪

– –
Nikon D40
1shot JPEG with Topaz Adjust


関連写真

最近のっぺりとした空でHDRする機会が多いっす。

というわけで、これまで幾度となくTopaz Denoiseの「購入」ボタンに手を伸ばしかけたのだが、ここに来てPHO-TOさんというブログでNeat Imageというのを紹介してもらったので、早速試してみた!

まずはNeat Imageのサイト(http://www.neatimage.com/)からダウンロードしてインストール。
なんと、スタンドアローン版と一緒にPhotoshopのプラグインも同梱されているらしく、Photoshop Elementsからもフィルタとして呼び出せた。(この場合、画像のサイズ制限があるがブログサイズなら問題ない)

このソフトのすごいのは、非商用に限りフリーで使えるということと、選択した範囲のノイズを分析して処理するというところ♪

下の例のようにザラザラした元画像の空も、照明のディテールを消さずにノイズ除去することが出来た。

使用前 使用後

で、完成したHDRが上の写真。のっぺりした空でもザラザラHDRにならずに仕上げることができた。(゚∀゚)/
ちなみに右下の月は本物っす♪

ただし、Neat Imageの無料版で出来るのはブログサイズまで。

本格的な作品作りをされる方には Topaz Denoise が比較的手頃な値段なのでおすすめです。

- - 追記

Topaz Denoiseの 15% 割引クーポンもらいました。ブログ用ならNeat Imageでも充分かとおもいますが、不便に感じる方はどうぞご利用下さい (クーポンコード: cafecico / 購入はこちら


Special Coupon (割引クーポンコード)
お気に入りのHDR画像
About Me

Author:cafecico
HDRフォトグラファー:cafecicoと申します。
自称旅行マニアで、本業はWebディレクターの仕事してます。

旅先で撮った写真を中心にHDR制作時の試行錯誤と作品たちを紹介します。

使用機材の詳細はこちら>
連絡先はこちら ( contact form ) >

* 当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンク下さい。