HDR Works

HDR画像作品と作成時の試行錯誤を紹介します。

Archive for 11月, 2009

Topaz Adjust - ジンメルの塔

ちょっと Topaz Adjust のパラメータ掴めたかも!!

いつも、プリセットにある Spicify でAdjust していたのだが、この作品では Color タブの Adaptive Saturation と Saturation を抑えめに。毒々しさが薄れて雰囲気のある画像に仕上がった。

2010.12.09 追記 : Topaz Adjust の解説ページ追加しました。



そして、この設定で奥義 Topaz 2度掛けをかましたら、さらに味のある画像に♪

Topaz Adjust x 2 - ジンメルの塔


撮影地:リール(ベルギー)
Nikon D40
1shot Jpeg with Topaz Adjust


関連写真

マウスの調子が悪くなってきたので買おうか分解しようか悩んでました。

そんなところに、近くに出来た大型電気店の開店セールのチラシでペンタブレット3980円(先着5名様)を発見。
神のお告げだと確信してソッコー(先着1番)でゲットして、早速マウスと取り替えて、そして即日で難しさに絶望して微力ながら日本経済に貢献しちゃうような事件をこっそり起こしてました。
会社で写真処理を担当してる後輩君がタブレットを使っているのを見て、「これで自分も!」と張り切っていたのですが。。

そんなこんなで2週間ほど眠っていたペンタブレットなのですが、今になって「タブレットって使える?」と後輩君に相談。

帰ってきた答えはやっぱり「基本マウスっすよ」でした。

ジオングの脚か(っていうか買う前に聞けよ>自分)と思ったのですが、
「あ。でも、範囲指定とゴミ消しとかはペンタブレットですね。併用すると要所要所で活躍しますよ。」
という新しい神のお告げが。

HDR - 表参道

さて、前置き長くなりましたが、ゴミ消しや範囲選択にタブレットが便利ということに今更気づいてみた!!
この写真の人物消しと雲のノイズ除去もそうでしたが、先日の忍野八海の気泡消しや空ノイズ消し、実はタブレットが大活躍でした。

クイックマスクや連続した地味なレタッチ動作の繰り返しにとても便利です。

で、結局調子の悪いマウスは併用中。ホイールまわすたびにキコキコと悲鳴を上げてます。。


Nikon D5000
-2.0EV / 0EV / +2.0EV  3shot


HDR - 忍野八海で逆さ富士

久々に1作品に1時間以上かけてHDR処理してみた。

山梨県の忍野八海で撮った写真だが、富士山/^o^\がクッキリ写ってたので気合入れて処理。
レイヤーも10枚以上使用した。

処理の手順はこんな感じ。

  1. Photomatixでトーンマッピングの設定変えながら複数枚HDRを作成
  2. 水面に無数にあった気泡をPhotoshopのスタンプツール除去
  3. 1.で複数レイヤーにHDRしたので、枚数分、気泡の除去作業を繰り返し
  4. 富士山と空と売店に分けて彩度を調整しながらレイヤー重ね処理
  5. 空以外はTopaz Adjustでさらに追加処理
  6. さらに富士山だけアンシャープを強めにしたレイヤーを追加して存在感を盛る
  7. 空のノイズを指先ツールで電線に注意しながら除去

大半の時間を2.に費やす。

ちなみにこの忍野八海、なぜか中国人旅行客がやたら多い。中国から来るツアーの定番になっているのだろうか。
中国人10:日本人1ぐらいの客層比で圧倒的なアウェー感を味わうことができる。
店員さんもここでは中国語が優先らしく、日本人にもとりあえず中国語で声掛けていた。

– –
制作ツール : Photomatix Pro 4.0 / Topaz Adjust 4 / Photoshop Elements 9


Special Coupon (割引クーポンコード)
お気に入りのHDR画像
About Me

Author:cafecico
HDRフォトグラファー:cafecicoと申します。
自称旅行マニアで、本業はWebディレクターの仕事してます。

旅先で撮った写真を中心にHDR制作時の試行錯誤と作品たちを紹介します。

使用機材の詳細はこちら>
連絡先はこちら ( contact form ) >

* 当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンク下さい。