HDR Works

HDR画像作品と作成時の試行錯誤を紹介します。

Archive for the ‘HDR 作り方とテクニック’ Category

アムステルダム中央駅でHDRやってみた。(*゚▽゚)ノ

緯度が高いためか冬になると日の出が8時過ぎになるため、この時間でも真っ暗っす。

そんな暗いホーム下で手持ち撮影したこの1枚。

どうにかしてエッジの効いたHDRに仕上げたい。。

そんな時にオススメなのがPhotoshop ( Elements ) のアンシャープマスク。輪郭だけを強調してくれる、とてもありがたい機能です。

というわけで、今回は私がよく使うアンシャープマスクのパラメを紹介します。

半径 0.3 固定。しきい値 0 固定。

量の値で、効き具合を調整。だいたい30~120ぐらいの範囲で調整してます。

上の例の120はかなり強めにエッジを効かせる時の値。プレビューでもお分かりの通り、パッキパキのHDRに仕上がります。

今回のトビラの1枚は、この値を40にして制作。

縮小時のボケを修正しつつも、ほどよいフンワリ感を残しました♪

– –

制作ツール : Photomatix Pro 4.0 / Topaz Adjust 4 / Photoshop Elements 9


関連写真

Photomatix で color 値を上げると、白い壁が黄色くなることありませんか?

周辺の青や緑は強調して表現したい。でも、赤や黄色も必要以上にしゃしゃり出てくる。。。

そんな時のPhotoshopでの対処法をまとめました。(*゚▽゚)ノ

1.黄色の彩度を落とす。

これは、先日「HDRの制作過程で暴れた色を抑えこむ方法」でポストした手法です。

単純に色相・彩度の調整レイヤーで彩度を落とすだけですが、赤には非常に効果的です。

2.覆い焼きツール

これは以前、Architectural HDR の doikenさんに教わった手法です。特に白い壁を白くするのに効果的です。

ただし、ムラが出やすいのと、やり過ぎると白っちゃけるので、職人的なタッチが要求されます。

ていうか doiken さんの白処理がネ申すぎる。。

3.黄色の明度をアゲる。

今回のHDRに使った手法です。

黄色の場合は、彩度を落とすよりも明度をアゲるほうが、全体が暗くならずに暴れた黄色を処理できます。

今回は、上の3番目の手法で、奥のビルとアーチ天井の支柱を処理しました。

(左側のウッド調の部分はマスクしてます)

被写体は茨城県民目線で見た東京ミッドタウン。サムヤンの魚眼でHDRするようになってから、すっかり天井フェチっす。( ̄∀ ̄)・:*:

– –

制作ツール : Photomatix Pro 4.0 / Topaz Adjust 4 / Photoshop Elements 9


最近、再びこってりに回帰したと感じつつあるマイHDRですが、

こってり感を出そうとすると、つられて暴れる色が出てくるという副作用があります。

よく暴れるのは色強度が強い「赤」

上のHDR画像でも赤が他の色の3倍の速さ(あくまでの体感的に)で反応しました。

そこで、基本的なPhotoshop Tipですが、その押さえ込み方をご紹介します。

まずは、Photomatix出力直後の処理前画像から。

続きを読む »


Special Coupon (割引クーポンコード)
お気に入りのHDR画像
About Me

Author:cafecico
HDRフォトグラファー:cafecicoと申します。
自称旅行マニアで、本業はWebディレクターの仕事してます。

旅先で撮った写真を中心にHDR制作時の試行錯誤と作品たちを紹介します。

使用機材の詳細はこちら>
連絡先はこちら ( contact form ) >

* 当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンク下さい。