HDR画像作品と作成時の試行錯誤を紹介します。

夏休みの自由研究か絵画の宿題にいかがですか?cafecico的 HDRの色付け解説♪

On 2017.06.24 コメントする Posted by cafecico

「Photomatxでは色薄めに処理して、後処理で色を出す」

以前からこのブログで「テストに出ます!」と

公言しているHDR作りのポイントです。

 

では、どのくらい薄く合成しているのか?

このぐらいです。

Color Saturation 30% 程度の

ツヤのない画像。

これが逆に後処理で粘って階調を引き出せる元になります。

この状態の画像を一旦、JPEG に出力して、Photoshop (Elements) へ。

Phoshopでレイヤーをコピーしたら

いきなり、プラグインの Topaz Simplify 4 で、色を増幅させます。

そう。最初に薄く処理したのはこのため。

Topaz Simplify が、いとも簡単に色を劇画チックに増幅してくれるため、

破綻しないように薄く処理しています。

使用するパラメータは「カトゥーン by D.Pacheco」。

このままOKして、新しいレイヤーにします。

 

このレイヤーを 50% ぐらいに薄めるとこんな感じ。

だいぶ完成に近い色に近づいてきました☆

ただ、このままでは、汚い色も増幅されているので、色を個別に調整。

「色相・彩度」の調整レイヤーを使って

不要な色の彩度を下げていきます。

今回は天井に含まれている「黄色」をダウン。

 

すると、黄緑もダウンしてしまうので、

残したい部分をマスクします。(下の画像右上の赤いところです。)

 

いよいよ完成に近づいてきましたね♪

最後にトドメの1発。これまで作った画像を1つのレイヤーにして

それをコピーしたレイヤーを重ねて「オーバーレイ」でブレンド。

このオーバーレイしたレイヤーも、

深く沈みすぎた部分を黒やグレーでマスクして元に戻していくと、

色もキレイに再現されたHDRが完成します。

 

いかがでしたでしょうか。

このPhotomatix と Topaz Simplify を使ったHDRの色付け工程、

途中で、色んな方向に変化させることができるので

系統づけて整理していくと、夏休みの自由研究にいいかも♪

 

出力した画像をカンペにして、絵画の宿題を仕上げるのも

良いかもしれません。(*ノω・*)テヘ

 

Topaz Simplifyの15%Offクーポンコードを Topaz Labs社から 当サイト向けにいただきました。
よろしければお使いください。

  • Topaz Simplify 15% 割引クーポンコード :  cafecico

 

– –
制作ツール : Photomatix Pro 5 / Photoshop Elements 9  / Topaz Simplify4 / Topaz DeNoise


初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越し頂いている皆様。もしブログの内容が気に入って頂けましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします。

関連写真


お気軽にコメントをどうぞ。

Special Coupon (割引クーポンコード)
お気に入りのHDR画像
About Me

Author:cafecico
HDRフォトグラファー:cafecicoと申します。
自称旅行マニアで、本業はWebディレクターの仕事してます。

旅先で撮った写真を中心にHDR制作時の試行錯誤と作品たちを紹介します。

使用機材の詳細はこちら>
連絡先はこちら ( contact form ) >

* 当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンク下さい。