HDR画像作品と作成時の試行錯誤を紹介します。

久々に海外写真で擬似HDRを作ってみて改めてNikon D40のダイナミックレンジの広さを実感。

On 2017.04.17 コメントする Posted by cafecico

テレビでヨーロッパの田舎町が特集されているのを観て

ヨーロッパへ行きたい病が発症したcafecicoです。

ただ、既にパスポート有効期限が切れて

先立つものも無いため

久しぶりに昔撮った写真をほじくり返して

Topaz Adjust 使って疑似HDRを作ってみました。

 

今回処理してみたのは逆光で撮ったヴェルサイユ宮殿。

撮って出しでは、空以外シルエットにして撮ったものです。

まずPhotoshop Lightroomでシャドウ部をMAXまで持ち上げて

Topaz Adjust で目に見えない色を引き出して完成。

色は部分的にマスクしながら強調具合を調節しています♪

 

ほとんど階調が残っていなくても、ここまで復元されるのですね。

この元写真はHDRを始める前に買った非ブラケット仕様の一眼レフ

Nikon D40で撮ったものですが、今処理してみて

改めてNikon D40のダイナミックレンジの広さを実感。

たぶん、現行機種で撮っても

1枚Jpegからここまでの疑似HDRは作れないと思います。。

– –
制作ツール : Topaz Adjust 5 / Photoshop Elements 9  / Photoshop Lightroom


初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越し頂いている皆様。もしブログの内容が気に入って頂けましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします。

関連写真


お気軽にコメントをどうぞ。

Special Coupon (割引クーポンコード)
お気に入りのHDR画像
About Me

Author:cafecico
HDRフォトグラファー:cafecicoと申します。
自称旅行マニアで、本業はWebディレクターの仕事してます。

旅先で撮った写真を中心にHDR制作時の試行錯誤と作品たちを紹介します。

使用機材の詳細はこちら>
連絡先はこちら ( contact form ) >

* 当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンク下さい。