HDR画像作品と作成時の試行錯誤を紹介します。

逆光ならなんでもOK。蛍光灯をHDRして反射する壁をツルツルに仕上げてみた。

On 2015.09.10 コメントする Posted by cafecico

HDR高エネ研

HDRの被写体として逆光はかなりオススメですが、

蛍光灯を撮る逆光も

これまたオススメです♪

この作例はちょっとサボって±2.0EV×手持ちで撮ったので

蛍光灯の発光部分は飛んでしまってますが、

それでも、取付金具がくっきり映ってHDRマニアにしか分からないフェチな階調が出現♡

これをきちんと三脚立てて±4.0EVぐらいで撮ると

もちょっと蛍光管や電球の輪郭が出たひゃっほーいなHDRが作れます。

 

そんな蛍光灯の明かりが反射する壁面は、ノイズ処理ソフトを使って

つるんつるんの+(0゚・∀・) + テカテカ   +に加工してしまうのがマイブーム。

この作例や

hdrworks_tsukuba

この作例も

HDR-E5

同じような手法で仕上げています。

 

光源と反射する鉄板見つけたら、HDRからのノイズ処理de鏡面仕上げ

結構狙えるところが身近にあるので、試してみてください♪

  – –
制作ツール : Photomatix Pro 5 / Topaz Adjust 5 / Topaz DeNoise / Photoshop Elements 9


初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越し頂いている皆様。もしブログの内容が気に入って頂けましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします。

関連写真


お気軽にコメントをどうぞ。

Special Coupon (割引クーポンコード)
お気に入りのHDR画像
About Me

Author:cafecico
HDRフォトグラファー:cafecicoと申します。
自称旅行マニアで、本業はWebディレクターの仕事してます。

旅先で撮った写真を中心にHDR制作時の試行錯誤と作品たちを紹介します。

使用機材の詳細はこちら>
連絡先はこちら ( contact form ) >

* 当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンク下さい。