HDR画像作品と作成時の試行錯誤を紹介します。

アンシャープマスクでエッジの効いたHDRを作る

On 2011.09.30 コメント(2) Posted by cafecico

アムステルダム中央駅でHDRやってみた。(*゚▽゚)ノ

緯度が高いためか冬になると日の出が8時過ぎになるため、この時間でも真っ暗っす。

そんな暗いホーム下で手持ち撮影したこの1枚。

どうにかしてエッジの効いたHDRに仕上げたい。。

そんな時にオススメなのがPhotoshop ( Elements ) のアンシャープマスク。輪郭だけを強調してくれる、とてもありがたい機能です。

というわけで、今回は私がよく使うアンシャープマスクのパラメを紹介します。

半径 0.3 固定。しきい値 0 固定。

量の値で、効き具合を調整。だいたい30~120ぐらいの範囲で調整してます。

上の例の120はかなり強めにエッジを効かせる時の値。プレビューでもお分かりの通り、パッキパキのHDRに仕上がります。

今回のトビラの1枚は、この値を40にして制作。

縮小時のボケを修正しつつも、ほどよいフンワリ感を残しました♪

– –

制作ツール : Photomatix Pro 4.0 / Topaz Adjust 4 / Photoshop Elements 9


初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越し頂いている皆様。もしブログの内容が気に入って頂けましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします。

関連写真


2 件のコメント : “アンシャープマスクでエッジの効いたHDRを作る”

  1. しま より:

    天井やお店の壁面に映り込む雑多な光がHDRならではですねー。
    通路の石材のテカり具合も、使い込まれた感がよく見て取れて味わいがあります!
    異国ですが、私の年代には何となく懐かしさを憶える様な一枚です。

  2. cafecico より:

    光が当たっている場所がスポットライトのように引き立てられて
    さらにフンワリとした雰囲気に演出できるのがHDRならではですね♪
    おっしゃられてる通り「味わい」が出せるので、
    こういう暗い雰囲気でも演出に使えます。

お気軽にコメントをどうぞ。

Special Coupon (割引クーポンコード)
お気に入りのHDR画像
About Me

Author:cafecico
HDRフォトグラファー:cafecicoと申します。
自称旅行マニアで、本業はWebディレクターの仕事してます。

旅先で撮った写真を中心にHDR制作時の試行錯誤と作品たちを紹介します。

使用機材の詳細はこちら>
連絡先はこちら ( contact form ) >

* 当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンク下さい。