HDR画像作品と作成時の試行錯誤を紹介します。

HDR – 3年連続 魅力のなさNo.1

On 2011.09.21 コメント(2) Posted by cafecico

茨城県が47都道府県を対象にした「魅力度調査」で、3年連続最下位に選ばれました。( ̄□ ̄;)

長年住んでいる自分ですら観光資源の乏しさを実感してるので、県外の人から見ても当然、魅力は少ないのでしょう。。

観光資源がないので撮影=遠征が染み付いてますが、HDRのネタは観光地でなくてもゴロゴロ見つかるので、HDR素材の見つけ難さにはさほど影響がないみたいっす。

魅力は無いけど住みやすい。(一応フォロー)

がんばって探せば、一部の県民しか知らない魅力があります。

今回のHDRは茨城県内にある観光農園。

隣県にある日本一有名なテーマパークもいいけれど、これもまたHDRにはおあつらえ向きな素材っす♪

– –

制作ツール : Photomatix Pro 4.0 / Topaz Adjust 4 / Photoshop Elements 9


初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越し頂いている皆様。もしブログの内容が気に入って頂けましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします。

関連写真


2 件のコメント : “HDR – 3年連続 魅力のなさNo.1”

  1. Charlie より:

    おはようございます。
    記事を興味深く拝読しました。
    一部にはこういう調査を気にする方も見受けられますが、“都道府県”という大雑把な次元で一律に比べること自体にやや無理が在るかもしれません。
    東京などで調査をすれば、「遠くの、行ったことがない場所への漠然とした憧れ」というようなものが手伝って、茨城県のような関東の県などはどうしても順位が上がらないものであるような気もします。
    茨城県でも、取手市辺りと水戸市辺りでは雰囲気も違うような気がするのですが、これは他のどの都道府県でも言えることのように思います。
    実はわが町も、何かの雑誌の「住みたくない街」というアンケートの上位に名前が出たことが在り、一部の方が騒いでいたことがありました。
    結局、HDR素材でもありませんが、地域に住んでいる人が「手近なものの良さ、面白さ」に少し眼を向けてみる、というのが大事なように思います。

  2. cafecico より:

    そうですね。
    茨城県民から見て魅力的な観光資源がある栃木・群馬もワーストグループですし。
    いいところなんですけどねぇ、栃木も群馬も。。
    もしかしたら、私がHDRに取り憑かれるようになったのも、
    身近なスポットでも迫力のある画を作れるという点で
    茨城の魅力のなさが影響していたのかも知れません(笑)。
    ここでしか撮れないようなHDRをUPして住んでる人しか知らない魅力を伝えられればと思います。

お気軽にコメントをどうぞ。

Special Coupon (割引クーポンコード)
お気に入りのHDR画像
About Me

Author:cafecico
HDRフォトグラファー:cafecicoと申します。
自称旅行マニアで、本業はWebディレクターの仕事してます。

旅先で撮った写真を中心にHDR制作時の試行錯誤と作品たちを紹介します。

使用機材の詳細はこちら>
連絡先はこちら ( contact form ) >

* 当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンク下さい。