HDR画像作品と作成時の試行錯誤を紹介します。

HDRの制作過程で暴れた色を抑えこむ方法

On 2011.08.28 コメント(2) Posted by cafecico

最近、再びこってりに回帰したと感じつつあるマイHDRですが、

こってり感を出そうとすると、つられて暴れる色が出てくるという副作用があります。

よく暴れるのは色強度が強い「赤」

上のHDR画像でも赤が他の色の3倍の速さ(あくまでの体感的に)で反応しました。

そこで、基本的なPhotoshop Tipですが、その押さえ込み方をご紹介します。

まずは、Photomatix出力直後の処理前画像から。

見事に赤の彩度があふれかえっています。。

今回はこの「赤」を抑えこんで周辺の色に強さを合わせます。

Photoshop (Elements) 上でレイヤーパレットから「色相・彩度」を選択。

色は、暴れている赤を選択します。

そして、暴れていた赤の彩度を抑えこみ。

暴れていた赤が抑えられました。

今回は、さらに青も少しだけ抑えて、金ピカ度をUPさせるために黄色を増加。

門をマスクして門以外の周辺でマスタの色を抑えれば、自然と門に目線が行くHDRの完成っす。

– –

制作ツール : Photomatix Pro 4.0 / Topaz Adjust 4 / Photoshop Elements 9


初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越し頂いている皆様。もしブログの内容が気に入って頂けましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします。

関連写真


2 件のコメント : “HDRの制作過程で暴れた色を抑えこむ方法”

  1. しま より:

    はじめまして。時々拝見させて頂いてます。
    HDR処理した画像は、本当に不思議で、そして美しいですね。
    特にガラスへの映り込みがハッキリと浮かび上がってくる様は、
    管理人様も言っておられますが、私もゾクゾクッとしてしまいます。

    今回の中華街もスゴイ!の一言に尽きます。
    中華街の門、浮かび上がっているようです!

    これからもゾクゾクドキドキさせて下さい。

  2. cafecico より:

    しま さん >>

    はじめまして(*゚▽゚)ノ
    映りこみは時として、実像以上に濃い色で出ることがあって
    未だにどういう処理でそうなるのか不思議です。
    でも、やっぱりヤメラレナイトマラナイですね♪

    この中華街は2年前に当時の技術で処理しきれなかったものですが、
    イロイロと技を習得して、今になってやっと好みの雰囲気に仕上げることができました!

お気軽にコメントをどうぞ。

Special Coupon (割引クーポンコード)
お気に入りのHDR画像
HDR - ラクーア
HDR-成田空港到着ロビー
HDR-筑波山ケーブルカー
Topaz Adjust - I amsterdam
HDR - 押ボタン
HDR - 羽田空港ターミナル
HDR - つくばの夕暮れ
HDR - IKEA
HDR - JAXA
About Me

Author:cafecico
HDRフォトグラファー:cafecicoと申します。
自称旅行マニアで、本業はWebディレクターの仕事してます。

旅先で撮った写真を中心にHDR制作時の試行錯誤と作品たちを紹介します。

使用機材の詳細はこちら>
連絡先はこちら ( contact form ) >

* 当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンク下さい。