HDR画像作品と作成時の試行錯誤を紹介します。

HDR – Photoshopブレンドモードによる彩度拡張

On 2010.09.20 コメントする Posted by cafecico

自分のHDR画像の作り方で、さんざん「photomatixでは彩度低めに出力してphotoshopの後処理で彩度を調整するのが(・∀・)イイ!!」って言ってきましたが、こんな方法で後処理時の彩度調整をしています。

使うのはPhotoshopブレンドモードのソフトライト。
まずはphotomatixで彩度(Color Saturation)パラメータを低め(30ぐらい)にして出力。
これをPhotoshopで開いた後にレイヤーをコピーして上のレイヤーをソフトライトでブレンドします。
彩度の調整は「不透明度」で。下の画像は70%になっちゃってますが、
普段は30%から50%ぐらいで重ねてまふ。

これによりphotomatixで強く出すぎてしまう「赤」の彩度をほどよく抑えることができます。
下の例はブレンド前(左)とブレンド後(右)の例。このような木造の建物のHDRに、ぴったりハマります。(赤は黒と同じくらい強い色らしい。)

被写体は皇居の大番所。逆光気味になるアングルだがHDRなのでお構いなしで撮影。

上の処理の後、Topaz Adjustしたレイヤーと、photomatixでTone Compressorした空を重ねて完成。
和の雰囲気を残すために、気持ちふんわりな仕上げにしました。


初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越し頂いている皆様。もしブログの内容が気に入って頂けましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします。

関連写真


お気軽にコメントをどうぞ。

Special Coupon (割引クーポンコード)
お気に入りのHDR画像
About Me

Author:cafecico
HDRフォトグラファー:cafecicoと申します。
自称旅行マニアで、本業はWebディレクターの仕事してます。

旅先で撮った写真を中心にHDR制作時の試行錯誤と作品たちを紹介します。

使用機材の詳細はこちら>
連絡先はこちら ( contact form ) >

* 当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンク下さい。