海外製の魚眼レンズ探しの旅(Zenitar 16mm Fisheye)

2010年11月28日HDRの撮影道具とツール, 海外(Topaz Adjust)fisheye, Samyang 8mm fisheye購入記, zenitar, Zenitar 16mm Fisheye, フィンランド, レンズ


最近、ネットで魚眼レンズを物色するのが日課になってやす。

というのも、知人の年賀状で魚眼レンズ使って超ナイスな家族写真プリントしたヤツが届いたから。
HDR向きのツールであることは既に知ってたのだが、
運のイイことに、ことのほか嫁がその写真に感銘を受けていたので、
「買ってもいいかも」的な空気が流れやした♪

早速kakaku.comで値段をチェック。

安いので約5万円。(  ゚ ▽ ゚ 😉

はいアウトっす。。D40のカメラ本体より高いっす。。

でも欲しいっす。

と言うわけで何とかして安く手に入らないものかと探していたら、こんなの出てきました。

Zenitar 16mm Fisheye ( flickrの作例 )

Fisheye Zenitar 2.8/16 MC Lens for Nikon AI SLR Camera ( Amazon.com )

ロシア製の魚眼レンズ。口コミによると結構写りが良いらしい。

おそらく個人輸入の方がウラジオストクあたりから輸入しているのでしょう。
正規の店では売ってないが、ヤフオクで個人輸入者から2万円前後で買えそうです。

衝動的にポチりそうになりましたが、よくよく調べると

「フルサイズでないと魚眼らしいゆがみが出ません。D40やD5000といったDXフォーマットでは超広角レンズのような写りになります」とのこと。

う~ん。惜しい!!!!

– –

写真はD40+標準レンズで撮ったフィンランドの風景。
雰囲気がロシアに似てたので使ってみました。( ̄▽ ̄;)

– –
Nikon D40
1shot JPEG with Topaz Adjust