HDR画像作品と作成時の試行錯誤を紹介します。

Photoshop Elementsにトーンカーブ入れてHDRしてみた

On 2010.02.06 コメント(4) Posted by cafecico

Photoshop Elementsにして新しい機能がいくつか使えるようになったのは良かったのだが、その一方でトーンカーブが使えなくなってしまったという大きな痛手を食ってしまった。

そこで、フリーのトーンカーブプラグインSmartCurveというのを見つけて入れてみた(゚∀゚)/

上の写真では、一通りのHDR後処理をした後、部分的に色味を強調するのに使用。
フィルターとして起動するようになるのだが、Photoshopのトーンカーブと同じような感覚で使える。

ただ、フィルターとして起動するために1枚のレイヤーにしか適用できないのが欠点といえば欠点。その場合、前回紹介した作業レイヤーを残して表示レイヤーを結合する方法で新規の結合レイヤーを作れば、全体をトーンカーブで調整しつつ、それまでのレイヤーにブレンドすることができるようになる。

– –
Nikon D5000
-1.7EV / +0.3EV / +2.3EV / 3shot


Adobe Photoshop Elements 9 日本語版 乗換・アップグレード版 Windows/Macintosh版


初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越し頂いている皆様。もしブログの内容が気に入って頂けましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします。

関連写真


4 件のコメント : “Photoshop Elementsにトーンカーブ入れてHDRしてみた”

  1. A-GARAGE より:

    Elementは確かにRGBマスターでのトーンカーブ(カラーカーブ)しかないので
    HDR用途には厳しい部分がありますね。
    自分はチャンネル毎のレベル補正で調整する事が多いです。
    カラー調整は合成後に行うのでPSDで保存してからレーヤー統合して編集します。

  2. cafecico より:

    このプラグインはRGB別に調整できるのはもちろん、
    ハイライトとシャドーにも分けて調整できるのでありがたいです。

    これで調整レイヤーにできればPhotoshopそのものなのですが。。
    レイヤー統合する際は、↓の方法でやると便利ですよ♪
    Shift + Ctrl + Alt + E キー(Windows)または Shift + Command + Option + E キー(Mac)

  3. nonbe より:

    ショートカットキーは作業効率上がりますね。
    http://bit.ly/cp4bRP
    一番使うのがspace+ドラッグかな。(笑)

  4. cafecico より:

    こんばんわ。
    space+ドラッグ便利ですね!!!
    これまさにキーボードで操作したいと思ってた動作です!
    今まで「ピクセル等倍」が使用頻度高かったですが、これで使用頻度下がるかも(笑)
    自分、Ctrl+n も使用頻度高いです。( ̄▽+ ̄*)

お気軽にコメントをどうぞ。

Special Coupon (割引クーポンコード)
お気に入りのHDR画像
HDR - ラクーア
HDR-成田空港到着ロビー
HDR-筑波山ケーブルカー
Topaz Adjust - I amsterdam
HDR - 押ボタン
HDR - 羽田空港ターミナル
HDR - つくばの夕暮れ
HDR - IKEA
HDR - JAXA
About Me

Author:cafecico
HDRフォトグラファー:cafecicoと申します。
自称旅行マニアで、本業はWebディレクターの仕事してます。

旅先で撮った写真を中心にHDR制作時の試行錯誤と作品たちを紹介します。

使用機材の詳細はこちら>
連絡先はこちら ( contact form ) >

* 当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンク下さい。