HDR画像作品と作成時の試行錯誤を紹介します。

Photomatrix Pro – RAW丸投げと3枚現像後HDRの違い

On 2009.10.07 コメント(2) Posted by cafecico


Photomatrix Pro(クーポンはこちら)がバージョンアップしてNikon D5000のRAWにも対応したので、RAW1発でHDRした場合と、3枚にブラケット現像してからHDRするのとの差を検証してみた。
用意した素材写真は先日筑波サーキットで撮影したこちらのRAW画像。

これをそのままPhotomatrixにドラッグして処理した場合と、下の3枚にブラケット現像した場合で比較。
ブラケットするステップは±1.5EVとした。

HDR - Photomatix実験 3枚に現像した画像

これらをPhotomatrixで同じパラメータで出力し、その後さらに全く同じ後処理をPhotoshop上で施す。
まずはRAW画像丸投げでのHDR画像。

続いて3枚に露出ブラケット現像してからHDRした画像。

先頭ライダーのヘルメットバイザー付近で少し差が出てるが、パッと見ではほとんど差が無い。
分かりやすく並べて比較。
左がRAW丸投げで、右が現像後のHDR。

HDR - 比較画像

被写体にもよるのかも知れないが、今回の実験では差は極僅か。
印刷する場合はきちんと現像してからPhotomatrixしたほうが良いかもしれないが、PC上で見る分には、Photomatrix丸投げで手間を省いてもいいような気がした。


追記

当サイトでは、Photomatrixの開発元HDRsoft社より専用の割引きクーポンをご提供いただきました。
$99のPhotomatrix Proを 15%Off の$85にて買えますのでどうぞ活用ください。
使い方の解説はこちら

  • Photomatrix Pro 15% 割引クーポンコード : cafecico15



初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越し頂いている皆様。もしブログの内容が気に入って頂けましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします。

関連写真


2 件のコメント : “Photomatrix Pro – RAW丸投げと3枚現像後HDRの違い”

  1. A-GARAGE より:

    はじめまして♪ 自分もたまにRAW直をやりますが、
    RAW直で弱いと思うのは暗部のディテールですかね。
    天気のよい屋外の写真なんかではRAWの露出展開イメージで
    トーンマッピングするのと同等なイメージに編集できると思います。

  2. cafecico より:

    A-GARAGE さんこんばんは。
    自分は昼間の写真でHDRすることが多いので、結構それで助けられているのかも。(^ ^;
    何しろ田舎で夜は真っ暗なもんで。。夜景は遠征しないとゲットできないです(ToT)
    PhotomatixのHDR力というよりはTopazAdjustの力で暗部が持ち上がってるというのもあるかも知れませんね。
    FrickrのグループでRAW丸投げは邪道みたいな雰囲気があったので抵抗があったのですが、昼間で暗部がつぶれなそうな被写体のときは手軽にRAWでHDRするのもアリですね。
    よろしくお願いします☆

お気軽にコメントをどうぞ。

Special Coupon (割引クーポンコード)
お気に入りのHDR画像
About Me

Author:cafecico
HDRフォトグラファー:cafecicoと申します。
自称旅行マニアで、本業はWebディレクターの仕事してます。

旅先で撮った写真を中心にHDR制作時の試行錯誤と作品たちを紹介します。

使用機材の詳細はこちら>
連絡先はこちら ( contact form ) >

* 当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンク下さい。